ひとの真価って◇

ひとの真価って
良いときには分かりにくい。
ピンチの時、いざという時、どうしたか?
で真価が問われる。。
真価。。そんな周りの方々に恵まれていることに改めて感謝。
実は私、
ビューティーワールド福岡2日目、
不覚にも数十年ぶりで食あたりというものになってしまい。、(私も人間だった、鬼の撹乱?!(笑))
立って歩けないくらいのフラッフラの状態に。
史上初めてビューティーワールドを
欠席する事態に。
2日目にブースにお越しくださった先生方々申し訳ありませんでした。
そしてありがとうございました!
私が欠席した一昨日も
大切な自分のサロンをお休みされて、
自サロンのある近隣でも
「ドクターリセラを取り扱う
   幸せなサロン様が増えたら」と
私達のブースのサポートを買って出てくださったサロンの先生が
社員さんと共にブースに一日中立ってくださり、
更に予定になかったオーナーさんまで
応援に駆けつけてくださり
サロン経営相談までしてくださったそう。
更に。。
終了後の私の体調がそろそろ回復したで
あろうことの
「頃合い」を見計らっての
私の体調を気遣っての言葉と
満員御礼だったブースの写真と
温かいメッセージが。。
「常務
二日間皆様にお世話になり有り難うございました。
どんな方々にも心のこもった素晴らしい対応をされる優しさ溢れる社員の皆様と過ごせて本当に楽しくて幸せでした。
お役に立てたか心配ですが、
ご来場された方々とのご縁が繋がることを
願っています。」
と。
申し訳ない気持ちとありがたい気持ち。
健康でブースに立てていたら見えにくかったかも知れない感謝の気持ち。
ピンチの時にかけられる言葉、行動、
頃合い。
真価。。心に沁みるのでした。

ひとの真価を知った時

そんな温かい言葉を頂いたのと、
普段のインナーケア美肌プラスのおかげで
昨日は一昨日のフラッフラが
ウソだったように劇的に回復して、
東京FMでので江原先生とのラジオ「おと語り」の収録。そこから今度は代官山に。
山手線に乗って30分。。、
立って吊り革持ってるとスマホも出来ず
一昨日のことを思い出し。。
ひとの真価。。、ってってボーっと
考えていたら
ふと初めて、ひとの真価を知った時のことを
思い出してました。
のっほほ〜んと愛に包まれ育ててもらっていた
中2のある日、最愛の父が急死し、
同時に父方の親族から手の平を返したように、
残された母と妹と私に
家から出るように宣告され、
今まで父が元気でいた時は
可愛がってくれていたと思っていた人達が
一晩で変わって行く様子を見ました。
それに逆行するように
父が元気だった時には
数回声をかけられる程度だった
近所のおばさんが
私達母子の様子を見に頻繁に自分の家の夕飯の
お惣菜のおすそ分けを持って
家に来てくれる姿も見ました。
今は亡き、当時70代だった
そのおばさんは
それはそれは上品で美しい顔をしていました。
これこそ生き方が顔に滲み出る人!
{6436A140-74BC-4E85-87BF-87303F516C77}

(高校一年生の時の私。
           右から4人目のお下げ髪の人!(笑))
私達母子は夕飯にも事欠く程困っていたわけではないのに
お惣菜を持って来てくれる、
そのおばさんの目的は、
元気を失っていた母を
時には優しく時には叱咤激励して元気付けてくれていました。
これも頃合いを見て。
良い時には分からない。
いざという時に分かる人の真価を知って
「私はどう生きるべき?」と
その時に初めて身をもって体験し、
考えることが
出来たように思います。
だから今となってはありがたい出来事。
真価って。。
いざという時に、
ひとがピンチの時にどう行動するか。
ただ、甘やかすでもない頃合いも。。
ドクターリセラお取扱いサロン様の多くの先生方に言える事も同じ、、
お客様のお肌のピンチに寄り添い、励まし
ただ甘やかすのではなく
頃合いを見計らって時には叱咤激励して
素晴らしい結果を出されています。
そんなお取扱いサロン様とご一緒出来ている
ことを改めて感謝、そして真価を感じた
ビューティーワールド福岡なのでした。
{48E9D25E-C3F1-4324-9688-C826D9DB787C}

オーナーから送られたブース満員御礼の写真☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
{F97CDA65-18BF-4416-B77F-68AF607F2B1A}
関わってくださったみなさま、
ご来場のみなさま、
ありがとうございました。
奥迫 協子

ビューティー
ライフクリエイター

奥迫 協子KYOKO OKUSAKO

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
58才、孫4人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるビューティーライフクリエイター、美容会社の取締役、イメージモデルとしても活動中。

 

 

 

奥迫 協子の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ