結の精神を持つ


★お知らせ


結の精神を持つ(2017年2月6日の朝礼より)

渡り鳥経営というものがあります。
渡り鳥が海を渡っているときに、Vの字に編隊を作って渡っていきます。

Vの字で渡っていく先頭の鳥が、風を一番受けるので大変です。
先頭に元気のある渡り鳥がいくと、上昇気流が起きて後ろの鳥が飛びやすくなるそうですが
先頭の鳥が疲れてくると代わるそうです。

そういう助け合いをして渡り鳥は海を越えていきます。
自然の鳥たちはそういうふうにしています。

私達も新しい期を迎える準備として社内新しい社内体制刷新を考えていますが、
その中でサロンサポートであれば脇原さんがトップですし、
ダイヤルエステだと岩川さんが頑張ってくれています。
トップはやはり、先頭を走る。
ということはリスクも多いです。

新しい場所に行ったときに、僕は先頭に行くタイプですが、
先頭に行くタイプとついていくタイプがいます。

専務はついてくるタイプです。
僕は先頭で間違って歩きます。

先頭を歩くといろんな情報を判断しないといけない。
先頭に立っていく人っていうのはいろんな面で大変です。
たとえばサロンサポートでいえば脇原さんが先頭だからということですが、
渡り鳥経営ということは助け合う。
トップも大変だろうと助け合う。

トップが疲れてきたら自分がトップの役割をするとか、そういうことも必要ですし、
渡り鳥経営はどういうことを意味するかというと、
うまくいったことを共有したりします。

サロンサポートでの第一ブロックでの成功事例を第三ブロックで共有する。
「自分のところだけでいい」というのは結の精神ではありません。

今までサロンサポートの利益で新規事業をやってきました。
ただ、サロンサポートもバイオリズムがあって少ししんどいときはダイヤルエステが牽引する。

ダイヤルエステもいろんな時期があるのでそういうときは
新規事業のエニタイムフィットネスやきたえるーむ、
サロンサポートの利益で投資した太陽光などでカバーして全社として成長していく。
お互いの部署で助け合うことが大事です。

会社全体としては助け合うという気持ちを持ってやっていくことが強い組織になります。
私達も渡り鳥経営をやっていこうと思います。

会社でも一緒です。
ひとつのことをやり遂げるためにそれぞれがバラバラでやるのではなく、
同じ方向を向いて、そのひとつがフィロソフィーでもあります。

同じ価値観でやるとパワーを発揮しますので、それで成果をあげて、会社の業績を上げる。
業績を上げるのはなんのためかというと社員とその家族を守るためですので、皆で頑張っていきましょう。

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

オススメ記事

奥迫 哲也の投稿一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ