役割


★お知らせ


役割(2016年9月8日の朝礼より)

これはリーダーの項目です。
これはどういう意図で書いたかというと、
この通りのことですが、リーダーだと偉いと勘違いしてしまいます。

社長だから偉いわけでもなく、役員だから偉いわけでもなく、
部長だから偉いわけでもなく、これはただの役割です。

役職が上がると偉いと勘違いしてしまう人がいますので、
そうではないですよということです。
同じ志を持って歩む人の役割ですということです。

この項目の、リーダーの役割ということで、
前回社員総会でスティーブン・R・コヴィーの7つの習慣の話をしましたけど、
スティーブン・R・コヴィーはリーダーの役割を4つほど言われています。

ひとつめは方向性を示すこと。
たとえばジャングルで集団で迷いました。

この鬱蒼と茂ったジャングルの中で、どういう方向に進めば
遭難しなくて済むかというときに、リーダーはまず、例えば周りを調査したり、
高いところにあがって周りを見て方向性を示さなければなりません。
一番目の方向性を示すというところです。
これが私がやっていることでいうと、方針です。

方向性が決まると、リーダーは何をするかというと、環境整備です。
まわりを整えないといけない。
道を整えたりしないといけない。
あの方向に行くためには、実行計画シートでいうと施策です。

みっつめが何かというと、今度、方向性を決めて環境整備をして、
まず、自らが模範となって、ということを仰っています。

その前にみっつめが、権限委譲です。
自分ひとりでは全部できないので、方向性が決まり環境を整え、
この役割はあなたがやってね、これは君がやってねと、
担当を決めて、実行計画シートも一緒です。
最後に、自分が模範となる。

方向性が決まってやることが決まって、権限委譲して、
さあやるぞといったときに、リーダーに誰もついてこないという
ことでは前に進みません。

模範となるべく、普段行動しているかです。
このリーダーにはついていきたい、ついていこうと、
ついてきていただけるリーダーにならないといけない。

一番目は方向性を示す。
二番目が環境を整える。
三番目が権限委譲。
最後に、模範を示す。

僕が言っているのならメモを取らなくていいですが、
世界的に有名な先生が言われているので、メモしてください。

一番大事なのは、最後の模範です。
ドクターリセラは各部署で方向性を決めてという、
武蔵野さんで学んだ実行計画シートにもとづいて行動しているので、
最終は模範となるリーダー、このリーダーについていきたいという
人間性が最終的なところかと思います。

最終的には人間性だと思いますので、私も含め、努力していきましょう。

奥迫哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫哲也TETSUYA OKUSAKO

ドクターリセラ株式会社代表取締役。
1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
97年に株式会社シード設立。
2000年、エステ業界に参入。
全国のエステティックサロンに「安全で結果の出る化粧品」をコンセプトに01年「アクアヴィーナス」シリーズ発表。
03年「ADS」シリーズ発表。
04年、アンテナサロン「メディカルエステ銀座リセラ本店」、高齢者の認知症対応型介護施設「グループホームひのき」を島根県江津市に開所。
06年、東京支社開設、社名をドクターリセラ株式会社に変更。
07年には初のテレビCMを放送。
08年、大阪市東淀川区に自社ビルに本社を移転。
06年の通信販売事業開始。
09年にコールセンターを開設。以降、食品事業、フィットネス事業、レストラン事業なども手がける

 

 

 

オススメ記事

奥迫哲也の投稿一覧

カテゴリー別

城嶋杏香ブログ