会社の歴史を知る◇


★お知らせ

Amazonビジネス・経済ジャンル 売れ筋ランキング1位獲得 奥迫哲也著 ”社長の仕事は人づくり” 関連イベント
大阪 出版記念会社見学会 2018/12/20 2019/02/07 2019/05/23 詳しくはこちら
東京 出版記念イベント 2019/02/27 詳しくはこちら


会社の歴史を知る(2016年04月12日の朝礼より)

会社の歴史を知るということですが、
かつて「がばいばあちゃん」という本がベストセラーになりました。

その中で島田洋七さんが歴史が苦手で、
そしたらおばあちゃんが「心配するな、過去は気にするな」
と言ったという話がありますが、

過去は大事なことで、
皆さんにどう伝えたらわかりやすいのか考えましたが、
会社の歴史を知ることを人に置き換えると、
その人の過去を知るということが関心を持つことで、すごく大事なことです。

新入社員の研修で「愛とはなんですか?」と聞きました。
愛とは関心を持つことです。
反対は無関心です。

僕は社員の皆さんと時間をともに過ごすときに
色んなことを聞いたりします。

たとえばある社員が
変わった苗字なので「愛媛県で多いの?」と聞いたら
「そんなに多くないです」ということでした。

一説によると天皇家の末裔というような話を
お父さんが語られていて、本人は定かではないようなことを
言っていましたが、お父さんは信じておられるようです。

お父さんは固い警察官をされているます。
そういう話をするとバックグラウンドが
見えてきて、警察官というところで育ったので、
少し固いところがあって、トイレットペーパーの発注をしなくなって、
みんなトイレットペーパーが使えなくなる危険性が出たりします。

運天さんもそうですが、沖縄で運天という地区があり、
沖縄で運天という地区に行くと「運天さんの祖先の地区だ」と思ったりします。

歴史を知る、個人のことを知るというのは大事なことです。
本位田さんも変わった苗字ですが、「祖先が又八といいまして…」と、宮本武蔵の親友でした。

岡上さんと話してたら、双子の姉妹でお父さんが
銀行に勤めていて、全国を転々としていて
北海道に行ったこともあり、「社員旅行は北海道がいい」という
話を聞いて、岡上さんは銀行のお父さんの元で全国を転々としながら育ったんだと知りました。

個人においても歴史を知る、その人のバックグラウンドを
知るということは、その人に関心を持つことです。

岩渕さんのお父さんはゴルフのシングルプレイヤーでゴルフの達人です。
そういうことを知っていると、銀行の人と
話をするときに、ゴルフの話でも盛り上がったときに
「実は岩渕のお父さんはシングルプレイヤーなんですよ」
とそこからまた話が盛り上がったりします。

個人レベルにおいてもそうですが、会社の歴史を知ることは
すごく大事で、私たちが教えていただいている
武蔵野さんは歴史を大事にしています。

創業者の藤本寅雄さんという、その後を社員であった
小山社長が二代目として継がれています。

藤本さんという創業者の命日には必ず社員は
その1週間前後に墓参りを行くと、年間行事として設けています。
素晴らしいことですので、私が死んでも
お墓参りに来ていただければ嬉しく思います。

歴史を知るということで、当社の場合は手帳に創業の思いが書いてあります。
色んなツールがありますので、他社よりは伝わっていると思います。

色んなことを知ることが、会社に対するロイヤリティ、忠誠心、会社を愛することになりますので、
そういうことが外からにじみ出て、お客様から信頼を得ることになります。

以前、営業マンで、まだサービスがすごい悪い頃、
「リセラさんって配送遅いよね」と言われました。

当時シードという名前で九州に行ったときに、
「あなたのところの営業マンに言ってもだめね。
配送も遅いし対応も遅いし」と言われ、
「そうなんですよ、シード遅いんですよ」という、
「お前がシードの代表だろ!」とお客さんは思うわけです。

他人事のように「ダメなんですわ」というのは、
笑い話ではなく本当にあった話です。

今はそういう社員はいませんが、当事者意識を持って、
「申し訳ございません、改善いたしますので」と、
自分が代表だという意識を持つことにもつながりますので、
そういう意味で、会社の歴史を知っていきましょう。

ドクターリセラ株式会社

ドクターリセラ
ホームページを見る
ドクターリセラのメールマガジンお申し込みはこちら
奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ