素直


★お知らせ

Amazonビジネス・経済ジャンル 売れ筋ランキング1位獲得 奥迫哲也著 ”社長の仕事は人づくり” 関連イベント
大阪 出版記念会社見学会 2018/12/20 2019/02/07 2019/05/23 詳しくはこちら
東京 出版記念イベント 2019/02/27 詳しくはこちら


素直(2016年4月25日の朝礼より)

昨日江津で経営計画発表会を行いました。
ご支援いただいている銀行さんや関係者が来られて、江津の社員を見て感心しておられました。

「こんな社員さんよく集まりましたね」とのことでしたが、
みなさんの資質もありますがそこからの教育があったと思います。

もちろん業績もありますが、一生懸命行う姿などを見た中で、
銀行の支店長さんも、
もともとラグビーをされていて体育会系なので、
ノッてきて、お酒も入っていたので、
「なんでも言って下さい、お金しか応援できませんから、
じゃんじゃんお金出しますけぇ」と江津の言葉で、皆さんの姿を見て仰っていました。

今日の「素直」というテーマですが、
色んな教育にしても、受け入れることが大事かと思います。
どうしたら伝わるか考えていたのですが、
たとえばお辞儀の練習も、専務が一生懸命こちらで竹中さんに指導していました。

竹中さんも一生懸命受け入れてやろうとしているんですが、
なかなかうまくいかなかったりします。

ゴルフでも教え好きの人がいます。
色んなことを教えてくれますが、
“どういう体制で教えられる側が受け入れたらいいか”
ということを聞いたことがあります。

自分に合う合わないはあります。
だけどまずは、受け入れるということがすごく大事で、
「わかりました、一度やってみます」と、
色々言ってもらってありがたいと思って、あえて極端にやってみる。

極端にやってみて、
自分に合うものだけを取り入れるという姿勢が大事だということを
ゴルフのプロから聞いたことがあります。

本当はプロ以外は教える資格がないので
あまり教えてはいけないのですが、
色んなことを教えてもらうのはありがたいことなので
いいことだけを受け入れるのが大事です。

「自分には無理だから、自分にはできない」というのが
頭からあると、受け入れられないことがあります。
僕の場合はもしかしたらできるかもしれない。

たとえばゴルフでも、プロも同じ人間だから、
自分もできるかもしれないという発想です。

「プロのようにはできない、先輩のようにはできない」
だけど、自分にもできるんじゃないかと、
すべてやってみてるという気持ちが大事です。

それがなぜ出来ないのかというと、言葉でいうと、”固定観念”です。
子どもの頃からの積み重ねで自分にはできないというのが固まります。
ですから、自分はなるべく固めないように努力しています。

斉藤一人さんがわかりやすく言っています。
たとえば目玉焼きに醤油を書けるのが普通だけど、
ソースぐらいならわかるけど、ケチャップもわかる。

マヨネーズかけてみたらおいしいよって言われたときに
「目玉焼きにマヨネーズは合わないでしょ!」と思うんじゃなくて
「もしかしたら合うかもしれない」という発想を持つことが大事です。

自分がすべて正しいわけじゃなくて、世の中の常識は変わります。

常識は変わるので、なるべく頭を柔軟にして、
「言ってることがおかしいかもしれない」と思っても、
まずは聞いてみて、ときにはやってみようかとチャレンジしてみて、
ダメだったら「ダメだったね」と受け入れる姿勢が大事だと思います。

年齢とともに「それは過去にやって失敗したからダメだ」と
固まってしまいますが、なるべく固まらないように、
「やり方変えたらできるかもしれない」という姿勢が
何事においても大事だと思います。
素直な気持ちを、年齢関係なしに持つことが大事なことです。

素直、単純、プラス思考が成功の秘訣と教わりました。

素直なことと単純なこと、それをプラスでとらえることが
何事もうまくいく成功の法則だと、私も教えてもらいましたので、
皆さんも素直さをベースに取り組んでいきましょう。

奥迫哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫哲也TETSUYA OKUSAKO

ドクターリセラ株式会社代表取締役。
1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
97年に株式会社シード設立。
2000年、エステ業界に参入。
全国のエステティックサロンに「安全で結果の出る化粧品」をコンセプトに01年「アクアヴィーナス」シリーズ発表。
03年「ADS」シリーズ発表。
04年、アンテナサロン「メディカルエステ銀座リセラ本店」、高齢者の認知症対応型介護施設「グループホームひのき」を島根県江津市に開所。
06年、東京支社開設、社名をドクターリセラ株式会社に変更。
07年には初のテレビCMを放送。
08年、大阪市東淀川区に自社ビルに本社を移転。
06年の通信販売事業開始。
09年にコールセンターを開設。以降、食品事業、フィットネス事業、レストラン事業なども手がける

オススメ記事

奥迫哲也の投稿一覧

カテゴリー別

城嶋杏香ブログ