童心


★お知らせ

Amazonビジネス・経済ジャンル 売れ筋ランキング1位獲得 奥迫哲也著 ”社長の仕事は人づくり” 関連イベント
大阪 出版記念会社見学会 2018/12/20 2019/02/07 2019/05/23 詳しくはこちら
東京 出版記念イベント 2019/02/27 詳しくはこちら


童心(2015年07月03日の朝礼より)

好奇心をずっと持つことが大事です。

つい自分の経験から「こんなもんか」とか、
例えば講演があると、「また同じ話じゃないか」とか、
つい経験が多いとそういうふうになりがちです。

いつまでも若くて元気な人は、街を歩いていても、
海外に行ったときでも、看板ひとつでも
「あの看板凄いですね!」とか、
「ほぉー!へぇー!」といった感嘆詞がよく出ます。

新しいものに対する好奇心、
アンテナがすごく張れている人は精神的に若いと思います。

最近でいえば、レストラン事業部に入ってきた曽利さんは、
総務の岡上さんに中年と言われていましたが、
日報とか見ると、STEP1に出て感動して奥さんに伝えたい!とか、
新しいことに出会ってワクワクしている、
そういう心を持っている曽利さん、42歳の中年のおじさんです。

20代でも「本当か」と疑ったり、そういう気持ちと、
いつでも「すごい!やってみたい」という素直な心と、
いつも好奇心を持つことが、相手からも
「この人はこんなに純粋に反応してくれるなら」と、
喋りたくなるわけです。

新しいことに出会ったときに好奇心を持つ、
自分がなかなかできていないと思ったら、
そういう人を見て、どういうところに興味を持っているのか、
身近な人で誰だろうと考えて、
いつまでもそういう気持ちを忘れずにもつことが大事です。

スポーツひとつにしても、「やったことないから」ではなく
「やったことないから、おもしろいかもしれない」と、
僕は48でゴルフを始めました。

やったことないけどもしかしたらできるかもしれない、
上手いかもしれない、楽しいかもしれないという発想を持つことが
大事だと思いますので、身近でそういう人を見つけて、
そういう人の着眼点を研究していくのもいいかと思います。

奥迫哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫哲也TETSUYA OKUSAKO

ドクターリセラ株式会社代表取締役。
1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
97年に株式会社シード設立。
2000年、エステ業界に参入。
全国のエステティックサロンに「安全で結果の出る化粧品」をコンセプトに01年「アクアヴィーナス」シリーズ発表。
03年「ADS」シリーズ発表。
04年、アンテナサロン「メディカルエステ銀座リセラ本店」、高齢者の認知症対応型介護施設「グループホームひのき」を島根県江津市に開所。
06年、東京支社開設、社名をドクターリセラ株式会社に変更。
07年には初のテレビCMを放送。
08年、大阪市東淀川区に自社ビルに本社を移転。
06年の通信販売事業開始。
09年にコールセンターを開設。以降、食品事業、フィットネス事業、レストラン事業なども手がける

オススメ記事

奥迫哲也の投稿一覧

カテゴリー別

城嶋杏香ブログ