足るを知る◇


★お知らせ


足るを知る(2014年6月16日の朝礼より)

「足るを知る」の言葉は非常に好きな言葉です。
でも、ついつい忘れることがあります。

たとえば朝、ごはんを食べるときに、
米粒ひとつでも「固い、おいしくない米だな」と捉える人と、
「自分で農業したことないのに
普通に米が食べられるのは幸せだな」と捉える人。

魚を食べるときにもどう思うか。
「この魚嫌いなんだ」と思うんじゃなくて、
「海で魚を取ったことがないのに漁師の人が取ってくれて、
料理する人が調理して食卓に並べてくれてありがたい」と思える。

自分の感性がどうかということで、つい忘れます。
雨が降ったら「うわー雨だうっとおしい」と思います。

だけど、それをどう捉えるか。
「雨でよかったな。爆弾じゃなくてよかった。
国が違ったり時代が違えば爆弾が降っていたのに、
雨だからしれてるな」と、今の時代でよかった、
雨が降って文句言ってるくらいの時代でよかったと思えるか。

捉え方の訓練です。

ただ、僕ができているかというと、出来ていません。
ついマイナスに捉えることもあります。

だけど、自分で「そうじゃない。これはどう捉えたらいいか」
という、訓練を常々していくと、少しずつ捉え方が変わります。

そうすると文句ばっかり言って一日終わる人も人生です。
感謝しながら、ありがたいなと思いながら終わるのも人生です。

どう捉えるか、捉え方次第です。
いろんなことが例題としてあると思います。

歯が1本痛いから最悪と思うのか、
歯が28本あるうち1本しか痛くないから、
27本が元気だからよかったなと捉えられるか、これも訓練です。

やはり一番の幸せは何かというと、足るを知る。
こういう精神が根底にあるかどうか、
文句ばっかり不平不満を言う人と、
感謝で人生を終える人と、大きく変わります。

色んなことが起きたときに
「違う違う、こういう捉え方をしてみよう」と
努力して日々暮らしていきましょう。

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ