役割◇


★お知らせ


役割(2014年3月11日の朝礼より)

リーダーとは役割であって権利ではありません、リーダーと部下(メンバー)は同志です。
同志は同じ志しを持った人と書きます。

スキンケアを通して幸せの輪を広げる同志であり
同じ仲間として同じ方向を向いてやっていくことです。

ただ、勘違いをしてしまうこともあります。
この前、アイワ広告さんに行った時に小山社長が
わかりやすい表現をされてました。

よくドクターリセラでもいい所を見ようとします。

そういう仲間意識は非常に大事ですが、
仲間意識が強くなり、同志が同列というように考えてしまうようになり、
上司に対しても、10個ある内の8個ができていて2個できていなかったら
部下はその2個のできてない所を見てしまって、
それを「あの人ができていない。」というようになってしまいます。

では、その人どうかというと
まだその部下であるポジションにいるということは、
上司、先輩よりも総合で見ると、8個以下の6個しかできていないという事です。

ですからお互い、
上司は2個ができていないけど部下は4個ができていない状態です。

2個と4個を責めあっている。
これ一番まずい状態で、そういう組織は最悪です。

一般社員グループの人が
管理職グループの人を批判するのは簡単ですが、
8個のできている所を真似て
自分も8個できるようにしようという
取り入れ方をすることで、いい組織になるわけです。

逆に、リーダーは6個できている所を褒めてあげて、
4個のできてない所をいかに1個ずつできるようにしていかせるか、
そして、同じようにリーダーに
なってもらうということが大事なのです。

私も社長という「役割」があり、
専務も常務も幹部として、役員としての役割です。
それぞれの役割で仕事をしているのであり、
完璧だから社長をやっているわけではないです。

社長だけども、まったく完璧ではなく、
私を知れば知るほど、不完全ということがよくわかるはずです。
近くいればいるほど、全然できていない所がたくさんがわかってしまいます。

ですが、役割として、仕事も遂行するという所ですので、
できている部分のいい所を学ぼうという視点で、
人の役割の立場を理解することが大事だと思います。

お互いのいい所を見て、役割というものを知っていくことで、
使命、志を果たすことになりますので
そういう組織に皆でしていきましょう。

◆奥迫哲也のフェイスブックページ◆

$ドクターリセラ
ドクターリセラ株式会社

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ