一日一生◇


★お知らせ


「今日一日がもしかしたら最後の日になるかもしれない」

と言っても、普段毎日生きているとあまり実感がなく、
いつまでも続くような感じを錯覚します。

そういうときに教えてくれるのが、
東日本大震災などの[メッセージ]です。

実際に、災害が起きたときに、食べられることがありがたいとわかります。
電気が普通に使える事が有難いと感じます。

普段はありがたいと思えと言われてもなかなか思えません。
そんな事を東日本大震災が「感謝」というメッセージとして教えてくれました。

いつまでも時間があると思いがちですが、本当に明日のことはわかりません。
ドクターリセラの社員のご両親も東日本大震災で津波にのまれてその日に亡くなってしまいました。
本当にいつどうなるかわかりません。

身近な人ほどいつまでも側にいてくれると錯覚しがちです。
自分や親はずっといるような気になります。
ですが親を亡くした人はそうではないとわかります。

特に自分の肉体が亡くなるのは、実感がありません。

確かなのは今日という時間、ここという場所です。

過去を反省するのは大切ですが、そこに執着しすぎて思い悩み、引きずられすぎるのはエネルギーの浪費です。

仮説を立てて準備をすることを大事ですが、未来のことは考えすぎて、心配しすぎてもエネルギーの浪費です。

多くの意識とエネルギーを、今ここに集中することが大事です。

今日、そして今、ここにいる時間を大切にできる人が
充実した人生を歩めると思います。

私もついつい色々考えたり行動できないときもありますが、
今ここに集中する、中身の濃さが大事だと思いますので、
今日ここに集中して仕事をしていきましょう。

◆奥迫哲也のフェイスブックページ◆

$ドクターリセラ
ドクターリセラ株式会社

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ