Iメッセージ◇

食べるということは
/>

★お知らせ


感情的な行き違いがあったときには、”受容”することが大事です。

受容するということは、受け入れる。
「そういう考えもあるんだ」とか、
「立場が違えば、もしかしたらそう思うのか」という考えです。

自分だけの物差しや、自分だけの器で見てしまうと
「なんで?おかしいんじゃないか?」と思います。

立場が違えばもしかしたらそういう考えも正しいのかもしれない。
僕はいつも頭の中で「私の考えは全て正しくはないかもしれない」と
考えてなるべく接するようにしています。

それでも受容できない場合、事実を確認して
冷静に自分の感情を伝える。
このときの手法は、行動、影響、感情という順番です。

あなたの行動がこういう影響をおよぼして、私はこう思う。
コーチングを習った人はIメッセージです。

という使い方をするのは、身近な人ほど難しいです。
親子、兄弟、社内でいえば同期生などです。

たとえばクレームの電話がありました。
クレーム対応中の横で同期の人がきゃっきゃ笑っています。
そんなときに、どうするか。

Youメッセージは「あなた」が主語ですから、
「あなたは黙りなさい、あなたは静かにしなさい」です。

Iメッセージは「わたしは」が主語です。
あなたの行動がこういう影響をおよぼして、わたしはこう、です。

皆さんはそのとき、どう言うでしょうか?

いろんな言い方があると思いますが、
隣でクレーム対応してるのに、気づかずに笑っていた。
その人に対してどう言うか。

Youメッセージだと、「クレーム対応してるんだから静かにしなさい!」です。
Iメッセージだと、「僕がクレーム対応してたのわかりました?」

「わかりませんでした」と言われたら、
「あなただったらそういう配慮ができる人だと思ったので、
残念に思いました。わかっていなかったら、配慮してもらえると嬉しいです」と言います。

あなたの行動がこういう影響をおよぼして、私はこういう感情だ、という言い方です。
これは家族ほど難しくてできないです。

なかなか出来ないので、これを感謝のIメッセージで、
ありがとうカードを書くときに「行動・影響・感情」で書く訓練をします。

パッとその場では言えないけど、書くのであればでき、
感謝のIメッセージに使うこともできます。

たとえば資料をしっかり作ってくれてありがとう。と書くときに、
「資料ありがとう」と書くより、「あなたが資料を作ってくれたおかげで
プレゼンがしっかり出来て役員に褒められました。ありがとう」と書きます。
あなたの行動がこういう影響を及ぼして私はこういう感情なんだと、
そう書けばありがとうカードのグレードが上がります。

たとえば家で母親が資料を作っているのに、
子供が横でラジオをガンガンかけていたら
「静かにしなさい!」というと思います、そういう言い方もあれば、
「私今大事な仕事をしてるから、隣の部屋で
聞いてくれると嬉しいんだけど」という言い方もあります。

それでもダメな場合は、環境を変える。
たとえば会社では部署を変えるということです。

Iメッセージで自分の気持ちを伝えるところから始めていきましょう。

◆奥迫哲也のフェイスブックページ◆

$ドクターリセラ
ドクターリセラ株式会社


★お知らせ


奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ