言葉とサウンド◇


★お知らせ

Amazonビジネス・経済ジャンル 売れ筋ランキング1位獲得 奥迫哲也著 ”社長の仕事は人づくり” 関連イベント
大阪 出版記念会社見学会 2018/12/20 2019/02/07 2019/05/23 詳しくはこちら
東京 出版記念イベント 2019/02/27 詳しくはこちら


成功者の共通点でひとつ大きな要素は「声」です。
「ぼそぼそ」として、何を言っているかわからない成功者は世の中にいません。

逆に、成功者は声がハキハキしています。

私は元々だから、という人がいます。
が・・・

「お前は赤ちゃんの時に小さな声でぼそぼそ泣いてたよ」という人はいません。

赤ちゃんのときは皆「おぎゃー!」と大きな声で泣きます。

しかも、赤ちゃんは
大人が大きな声を出す研修に行った後のように
泣きすぎて声が枯れることもありません。

あの小さな体であの大きな声を
ほとんど能力の差なく出来るのが赤ちゃんです。

ところが、だんだん大きくなると、
親などから「大きい声を出すな、騒ぐな」と
言われることもあり、声が小さくなったりします。

朝礼で「おはようございます」と大きい声で何度も言います。
それもひとつの声を出す訓練です。
朝の発声練習です。

誰かが「○○です、以上です」と言うと、「はい!」と返事をする。

「わたし声が小さくて苦手なんですが・・・」
「赤ちゃんのときは出来ましたね」

ということです。

自分の能力を落としていっています。
なので、声を出す訓練です。
声はすごく大事です。

カウンセリングするときに、声のトーンで、
買いたくなるトーンと、耳障りで買いたくないトーンがあります。
よく売れるカウンセラーや営業の人は、声のトーンが非常に良いです。

まずは自分で、「自分はできない」と思わず、
何かひとつ突破口があれば、元来、持っている能力を出すことができます。

ダムにひとつ穴があけばどっと水が流れるのと同じです。
突破口のひとつが声です。
朝から何度も「おはようございます」「はい」と声も出すのも訓練です。

外部研修に行ったときに「何故あんなに枯れるまで声を出すんだろう」
と思うこともありますが、自分の能力を出すための訓練です。

声を出していると理性で考えません。
「おはようございます!」と声を出しているときには
「今のトーンは音階でいうと…」などと、細かいことは考えません。

事務所の入り口を入ったときに「おはようございます」と言うときや、
朝礼などで日々出来る小さなことから皆でやっていきましょう。

◆奥迫哲也のフェイスブックページ◆

$ドクターリセラ
ドクターリセラ株式会社

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ