20リーズン(2012年8月29日の朝礼より)◇


感情的に合わなかったり受け入れられない人もいると思います。
そういう人を受け入れる方法を学んだことがあります。

どうするかというと、その人の20リーズン(20個の理由)を書いてみる。
たとえば最近の例で言えば、京都の祇園で暴走した車がありました。
テレビで見ると、なんでそんなことするんだ!?
そんなことをしたら危ないなどと思うだけです。

あの人はなんであんなことをしたんだろう?と考えて書いてみる。
書いてみると案外「そういう面もあったのかな?
なんでそういう事になったのかな」と考え、
受け入れられるということがあります。

どうしても付き合わないといけない人、関わる人で、
どうしても、受け入れられない人がいたら
その人が何故そういう行動をとっているか20個考えてみる。

観念の違いを受け入れて、考え方をコントロールすることです。

できなければ観念が違うと受け入れられないということになりますので、
それを受け入れられるように自分自身の考え方を、
「もしかしたら自分の考え方が間違っているのかも」
というくらいの感覚をもちましょう。

常識はあってないようなものです。
今は人を殺してはいけませんが、昔は人を殺した人が英雄でした。
ナポレオンや織田信長もそうで、そういう人が英雄と讃えられた。

時代とともに価値観も変わります。
自分の今の考えが全て正しいわけではない、
自分の凝り固まった観念から見ているのかもしれない、
人の好き嫌いが職場であるのは辛いですから、20リーズンを
やってみるのもひとつの手法です。

$100年以上続く会社を目指す社長の思考! ~ドクターリセラ奥迫哲也ブログ~
ドクターリセラ株式会社

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ