環境整備(7月11日の朝礼より)◇


社員から「環境整備のチェックがいつも厳しくて困る」
という意見がありましたが、もう一度環境整備点検の意味を言います。

何故抜き打ちをしないかというと、会社が暗くなるからです。

抜き打ちではなく、決まった項目だけをチェックします。
される方も決まった項目だけです。
それ以外のところを見つけたときは注意がありますが、点数には関係ありません。

チェックする側の注意点としては、
これはアラ探しではなくお互いをよくするために指摘します。

アラ探しをして自分の部署の評価のためにやっているわけではありません。
ですからお互いに働きやすい環境を整えて備えるということです。

される側も心構えによって、各部署で集まったときの雰囲気が違います。
「うわぁ、嫌だなぁ」という雰囲気と
「ようこそ!なんでも見てください」という雰囲気の違いがあります。

決められたことを決められた場所を決まりに沿ってやる、ということです。

お互いが注意して気持よく環境整備点検ができるようにしましょう。

$100年以上続く会社を目指す社長の思考! ~ドクターリセラ奥迫哲也ブログ~
ドクターリセラ株式会社

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ