フランス海岸松取材2日目◇


★お知らせ


こんばんは!

ドクターリセラの奥迫哲也です。

取材2日目です。

まずは「ピクノジェノール」の歴史についてです。

16世紀に活躍したジャック・カルティエというフランス人探検家をご存じでしょうか?

彼が率いる探検隊が壊血病で瀕死の状態に陥った時、松の樹液でつくったお茶が彼等の命を救ったという記録が航海日誌に残っています。

この日誌は400年の時を経てケベック大学のジャック・マスケリエ博士の目にとまり、博士は松の樹皮からフラボノイドという生理活性の高い物質を発見。 この物質は「ピクノジェノール」と名付けられ、「活性酸素の害を予防し制御する」ことから、特許を取得しました。

400年以上前から、カナダの原住民の間では使用されていました。

フランスでは、130年前、ナポレオン3世の時代に風や砂を防ぐために植林されました。

この地域は365日の内、300日以上が晴天です。

その結果、紫外線や強い風、そして温暖の差から松の木を守る為に、非常に厚い樹皮で被われています。

この樹皮から「ピクノジェノール」を抽出します。

「ピクノジェノール」の効果・作用は

私たちの身体は、活性酸素により常に酸化の恐怖にさらされています。

酸化が進めば老化を加速させるのはもちろん、健康状態の悪化にもつながります。

体をマイナスの方向へと向かわせる酸化を防ぎ、正常な状態へと導く抗酸化物質こそが「ピクノジェノール」なのです。

体の大敵・活性酸素を撃退する「フラボノイド」を40種類以上も含み、ビタミンEの170倍、ビタミンCの380倍という驚異の抗酸化力で、 活性酸素によるダメージから私たちの体を守ります。

習慣病の予防・改善はもちろん、現在、根治療法がないと言われている生理痛や子宮内膜症などの婦人病の特効薬として期待されています。

フランスでは子宮内膜症の医薬品になっています。

その他は

  • 生理痛、子宮内膜症など、現在、根治療法がないと言われている婦人病を、改善&完治
  • 血管内のコレステロールを除去し、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、心臓病を防止
  • 血液中の血小板凝集を防ぎ、血栓症を予防
  • 紫外線による皮膚の酸化を防ぎ、シミ、シワ、老人性斑紋症を予防
  • 活性酸素による血液のダメージを防ぎ、肩こり、五十肩、慢性疲労を軽減

「ピクノジェノール」は世界のサプリメントの原料の中でも、ナンバー1のエビデンス(証拠・根拠)を持つ、

原料です。

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ