基準をつくる(7月13日朝礼より)◇


★お知らせ


株式会社武蔵野の小山社長が内定者の方に言われていた事が

「新入社員は、やる前に考えるな!考えるより行動しなさい!」

最初は、考えてから行動すると遅くなる、考えないで行動できる人が優秀である。

というお話しをされていました。

車が初めて日本で走り始めた頃、今の道路交通法はありませんでした。

車が走り始めてから段々と道路交通法が整備されてきました。

インターネットが1990年頃から出始めて、そしてインターネットの法律や規制ができました。

3、4年前までは、モバイルは何をやってもやり放題で、当時の通販部は

ダイエット商品(他社製品)を取り扱っていたので、

「激ヤセ注意!!ガリガリ注意!!」など、何を書いても大丈夫でした。

(当時、城嶋さん(常務の息子さん)が激しいページ作りをされ、担当役員の常務から、

エレガントではないと、よくNGを出されていました)

そういう時代から、今ではどんどん規制が入ってきています。

エステティック業界でいうと、

数年前までエステティック業界はどんな産業なのかという、産業分類がありませんでした。

やっと日本でエステティック業が産業分類に入りました。そして法律が出来てきます。

ですから、やる前にルールや基準を決めて、

こうしなければならないのではないか、ああすべきなのではないか、、ではなくて、

まずやってみる。

その精神がすごく大事だと思います。

我々ドクターリセラも新しい会社ですので、あれも出来ていない、これも出来ていないと、

私も気付く事もたくさんあるのですが、

逆を言えば、それだけ出来ていなくてもこれだけ成長出来ているなら、

まだまだ伸びる余地があると思って楽しみにしています。

これからやっていきながらどんどんと基準=ルールを作っていって、

より良い会社にしていきましょう!

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ