運命(6月30日朝礼より)◇

先日、伊勢神宮に行きました。

行きながら、島根から一人で出てきて、どういう人と出会って、

今このような状況になっているのか思い起こしました。

自分で会社を起こしたいという思いがあり、浄水器のレンタリースの事業を始めました。

これが、最初の事業でした。

本社2階のキッチンに小さなヘルターという浄水器を付けてあります。

50万円の加盟金と30万円の初回仕入れ金をあわせると80万円でしたが、80万円がないので、

仕入れを半分にしてもらってスタートしました。

当時は4時頃に起きて、新聞配達の人と一緒にチラシを配りました。

大阪の茨木市は8万世帯あったので、8万世帯の1%に当たる800軒に浄水器を付けよう!

と、自分なりに目標を立てて、地図を一つずつ潰しながら1軒1軒回りました。無料モニター募集!というチラシを配り、反応があるとアポイントの電話をして、

その取り付けに1日何軒もバイクで行きました。

1ケ月後に契約を取ります。(70%の契約率でした。)

1人で集客→アポ→契約→フォロー→紹介をしていました。

800件近くの契約を実際に取り、ある時、代理店の全国の集まりがありました。

自分ではまだまだだと思っていましたが、

「今、関西でトップの方に発表してもらいます。奥迫さん!」

名前を呼ばれ(えっ?私がトップ!?)と、ビックリしました。

気が付けば、いつの間にかトップになっていました。

事業をするのに、自分の出来る範囲でコツコツやってきて、

次に浄水器を拡大するために新聞広告(シティライフ)に3行7500円で出して、
その広告を見たアメリカ帰りの女性から電話をもらって、

ロサンゼルスのナスダックに上場している会社の仕事の誘いを受けました。

そして、常務との出会いがありました。

浄水器の代理店仲間の中津川さんという方と、浄水器だけでは限界があるので

プラスで同じ会社の仕事を一緒にやっていました。

その方が、常務のやっていた補正下着のお店に飛び込んだのがきっかけです。

また、私の漢方薬局に同じ薬局をしたいと見に来た弁当屋さんの社長の

紹介の紹介で二村さんと出会いました。

浄水器の代理店をしたことが自分の今の人脈に繋がっていると思いました。

それは、自分が出来る限りの行動をしてきて、それなりの成果を出したので、

あの人が言うのなら聞いてみようかな、と思ってくれたのだと思います。出会う人によって自分の運命が変わります。

そのためには、今、目の前にあることを一生懸命やる。そうすると周りの人に信頼されます。

どのような人と出会うか分かりません。

いい人と出会っても、自分の人格がそのレベルより低ければ自然と離れていきます。

自分が本当にいい人と出会って幸せな人生を送れるように、今、目の前のことをとにかく一生懸命やる。そして、周りから信頼される人間になっていきましょう。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ