わかる(6月23日朝礼より)◇


★お知らせ


辰巳先生の輝く自分ブランド・8つのキーワード
(目を見る、笑顔、ハイ、心を込める、両手、元気、テキパキ、ラ音)を
スイッチオンセミナーで教えて頂きました。
この前もサロンの先生から「あのセミナー、よかったわよ!」と言われたのですが、

内心、本当にちゃんと落とし込めているのかな、と心配しました。

皆さんセミナーを聞くと、「楽しいし時間が経つのが早いし、すごく良い内容だった」とおっしゃいますが、それが本当に自分の物になっているか、私もセミナーを受けた後に考えました。

私が一番できていないことは何か考えた時に、「ハイと返事をする」だと思いました。

そして、朝礼の時に自分一人だけでも良いからハイと返事をしよう!と決めました。

(自分一人だけでは嫌だったので、専務と常務にも一緒にやるように言いましたが、、)

「ハイ!」を意識すると、嘉藤篤史さんが誰にも言われなくても一生懸命やっているという事に気付き、

本当に素晴らしいと思いました。

それを仕組みにして、朝礼でハイ!という返事が役員から輪が広がり、

社員全員で元気な「ハイ!」ができるようになってきました。

先程、佐野さんが、「よく分かっていなくても「はい、かしこまりました」と言ってしまいます。

もっと深掘りが出来るようにしていきたい」と言っていましたが、それでもいいんです。

朝礼で「7月9日の環境整備カスタマイズ勉強会は10の皆さんも午前中は集まるようにお願いします」と

言った時に、10じゃないのに、皆が「ハイッ!」と返事をすることがありました。

相槌くらいに思ってもらえばいいです。

小山社長も、ハイと返事をするのは「分かった」と言う意味ではなくて、

とりあえず「聞こえた」と言う意味でいいから大丈夫だ、とおっしゃっています。

(もちろんその後、落とし込むのは大事ですが、、)

8つのキーワードは本当に良い話ですので、習慣にしないと意味がないです。

ですから毎日朝礼でやっています。(司会の後に続いて、8つのキーワードに身振りを付けて発声する)

ですが、8つ全部同時にはできません。

その中でも「目を見る」が欠けているなとか、「両手」が欠けているなとか、

私も無意識に、椅子をしまう時に片手でやってしまいます。

他の会社の方と一緒にこのセミナーを受けた時に、

辰巳先生にターゲットにされて集中砲火を浴びました。

「ほら、片手!」と何度も指摘されて、叱られっ放しでした。

本当に無意識で、ついやってしまいます。

足を組まない(姿勢・立ち居振る舞い)といっても、何人か組んでいる人がいます。

8つの中で足りない物を何か一つ、上司が面談の時に教えてあげたり、

例えば、今月は笑顔が足りないから来月笑顔を意識しましょうとか、

気付いた人がアドバイスをしてあげる。

環境整備を始めるときに、ダラダラしていないか、テキパキ動けているか?

朝礼の時は、ハイ!と返事ができていても、普段できているか?

これは皆さんが同じ講習を受けて、同じ価値観を共有していますので、

何か一つずつ変えていくことが大事ですので、どれか一つを意識して下さい。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ