ラスベガス研修・最終◇


★お知らせ


ドクターリセラの奥迫哲也です。

ラスベガス研修から帰ってきました。
沢山の気づきがあり、多くの勉強をしました。
今日は、そのまとめです。
まず、何故、小山社長がラスベガス研修をはじめたのか?
質問してみました。
15年前にIBM社の研修で上海とラスベガスを視察にいったそうです。
圧倒的にラスベガスが勉強になったので、何人かの経営者をつれて自分がガイド役で再度、来たのが
はじまりだそうです。
それから15年の間に70万人から210万人の3倍になった人口と、発展していくラスベガスを合計
40回、研修にきているという事です。
やずやの先代社長の言葉に「ひとつの穴を深く掘れ、自然と直径は広がる!」という言葉があります。
愚直に同じことを繰り返す事が大切です。
おそらく、ラスベガスをこれだけ語れる日本人は小山社長一人ではないでしょうか。
なんでも、小山社長の夢は「教師」と「ツアーコンダクター」だったそうです。
しかも、しっかり研修した後は「カジノ」ですから。
何より、小山社長が一番元気で、楽しそうでした。
小山社長と6日間過ごし、ラスベガスのホテルも勉強になりましたが、仕事はまず自分が楽しんで、経営者・リーダーはどんな時でも明るく、元気なこと。
厳しさと優しさのバランス。
時間の過ごし方。
あと、カジノについては
10万円を50万円にしようと思えば、負ける。
50万円から10万円(2割)増やそうと思えば、勝てる。
そして、1日にいくらまで。と決めて楽しむ事が大切です。
これは、ある社長の話です。
ブラックジャックをしにテーブルに座ったら、たまたま1人だけだったそうです。
金髪の美人ディーラーを相手に何時間かゲームを繰り返すうちに、勝つことに真剣になりすぎて、
ディーラーとの会話もなく、お互いに不機嫌な空気になっていたそうです。
その時ディーラーは
「あなたは、ここに何しに来たのですか?」
「えっ!勝負に決まってるだろ!」
そして、次のディーラーの言葉に衝撃を受けたそうです。
「それは少し違うと思います。みんなはカジノを楽しみに来ているんですよ。あなたみたいに真剣すぎると、
私もつまらないし、あなたも楽しくないでしょう?それでは勝負にも勝てない。」
「なら、どうすれば・・・・」
「まず、ニコニコすること。それからあなたが勝った時は、私にチップを多目に渡す事。そして私の事を
褒めること。つまり、勝ち負けではなく、ゲーム自体を楽しむのが、カジノの本当の過ごし方です」
びっくりしたが、妙に納得したそうです。
それから方針を転換して、ハイテンションでゲームを楽しんだら、不思議と勝つことが増えたそうです。
もしかしたら、ビジネスの神様が
「余裕なく、まじめだけでは勝負に勝てないぞ。楽しくやると勝てる」
と教えてくれたと感じたそうです。
プロセスを楽しむ、仕事を楽しむ事は非常に大切な教訓でした。
今回は31名中、経営者が8名でした。
業種は全く違いますが、こうして同じ経営者と過ごす時間も、色々な気づきを得ることができます。
書ききれな事が沢山ありますが、明日より1つづつ楽しみながら実行していきます。
ありがとうございました。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ