経営(4月15日朝礼より)◇


★お知らせ



★お知らせ

Amazonビジネス・経済ジャンル 売れ筋ランキング1位獲得 奥迫哲也著 ”社長の仕事は人づくり” 関連イベント
大阪 出版記念会社見学会 2018/12/20 2019/02/07 2019/05/23 詳しくはこちら
東京 出版記念イベント 2019/02/27 詳しくはこちら


変化に対応することが大事です。

今まで地球上で生き残った生物・生き残っている会社の共通点は、強いという理由ではなく、環境に適応できる生物・会社であると、ダーウィンの進化論に基づき、小泉元首相や、武蔵野の清岡常務もおっしゃっております。

変化に対応できる人でないとこれからの時代、会社についていけなくなります。

たとえば、城嶋さん(常務の城嶋の息子)が、良い例です。

元は工場で機械を相手に、1つ間違えたら命を落としかねないような作業をしており、機械相手に3分咲きの笑顔はできないので、真顔で作業をしていたそうです。

それからリセラに入社して、自然な3分咲きの笑顔ができるようになり、見事に環境に適応しました。(最初はかなり不自然でしたが・・・)

私は人と違うから、「でも・けど・だって」という言葉が、つい出てしまいます。

自分は環境に適応できないと思いがちです。

何が1番大事かというと、それを受け入れる心“素直さ”です。

環境に適応した態度・行動を自分が素直に取れるか。

新入社員は、最初は真っ白でいろんな教育を受けていきます。

中途で入社した人は特に、前の職場は~、という違和感があるかもしれませんが、

いったんそれを置いておき、真っ白にして、まずやってみる。

その環境に適応する事が非常に大事です。

経営をするにあたっても、1つの固定概念にとらわれずに、新しい取り組みをどんどんとやっていける会社が生き残っていけると思います。

変化することは現場の人にとっては大変です。

変わらないのが楽です。楽なことを続けていれば、会社はなくなります。

コロコロ変わることができる会社、という方針です。

皆さんも変化についてきて、自分自身も変われるように、素直に取り組んで欲しいと思っています。

 


★お知らせ

Amazonビジネス・経済ジャンル 売れ筋ランキング1位獲得 奥迫哲也著 ”社長の仕事は人づくり” 関連イベント
大阪 出版記念会社見学会 2018/12/20 2019/02/07 2019/05/23 詳しくはこちら
東京 出版記念イベント 2019/02/27 詳しくはこちら


奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ