アンバランス(3月23日朝礼より)◇


★お知らせ


昨日・一昨日と鹿児島の知覧に研修に行き、

4月に入社してくる内定者の方と2日間寝食を共にしました。

当社は組織が非常にアンバランスで、今度の新卒採用3期生が入社してきたら

社員の半数以上が新卒採用1期生から3期生までの若い会社になります。

20日の経営計画発表会でも、お招きした取引銀行の方が

「皆さん、若いですねぇ」と仰っていました。

若さをプラスに変えないといけません。

ソリューション様が来られたときに、社長会議室に貼ってある

社員組織図を見て、「これだけ少ない管理職の方で、これだけ多い新入社員を

指導するのは大変ですね」と仰っていました。

当社は管理職という枠を超えて、08年度入社の1期生はリーダー、

09年度入社の2期生も、これから入ってくる10年度の3期生の先輩として

リーダーシップを発揮しないといけません。

そうしないと、いつまでも新入社員の気分の甘えは許されません。

昨日・一昨日と知覧に研修に行ってきた中で、

若い特攻隊の方は15歳で国のために亡くなっています。

4月に江津コールセンターに18歳で高校を卒業したばかりの方が入社してきます。

知覧に行く前に、バスの中で、今回の研修で得たいものは何ですか?自己紹介と一緒にしてください。

という課題で1人ずつ喋りました。

その時は「わたしはまだ子供なので…」「まだ未熟なので…」という言葉が多くありました。

知覧から帰る時の感想を発表するときは、「今まで甘えていました。これからは

周りの人に恩返ししていきます」というしっかりした言葉を言っていました。

17歳、18歳の方が、わずか60数年前には国のために命を落としたという事実があります。

わたしたちは「まだ新入社員だから」という気持ちをなくして、

08入社の1期生は4月から3年目で、高校でいうと3年生になるわけです。

ですからリーダーシップを発揮して、アンバランスな組織に注意して、

経営計画発表会のときにも言いましたが、OJT(現場で指導すること)を実践してほしいと思います。

知覧に行くときに、バスの中で常務とわたしが前の席に座っていました。

そこに、後から、バスに乗ってくる内定者が、一礼する人と、そのまま素通りする人がいました。

無視しているわけではないんですが、他の企業の方やお客様に出会ったときに

失礼になるので、教えました。

「皆さんOJTしますね!わたしだから挨拶しろというわけではないのですが、

会社で出来ないことは社外でもできないので、さりげなく、一礼するだけで

品格がぐんと上がりますので、やりましょう!」

と言うと、皆さん「はい!」と良い返事をしてくれ、それから凄く変わりました。

皆さん素直なので、一言を言うだけで変わります。

4月入社予定の内定者の山本恭平さんが、知覧からの帰りの飛行機では、常務の隣の席でした。

山本さんが席を探していたので、「山本さん、常務の隣ですよ!」と言ったら、

山本さんは「あぁ、いいですよー!」と言いました。

「山本さん、いいですよーじゃなくて、ありがたいです、でしょ!」と言ったら

「わかりました!ありがとうございます。」と言っていました。

そしてまた、「山本さんは兄弟は何人ですか?」と聞くと、

「えー社長、何人だと思いますかー!?」と言いました。

「山本さん、もしそんなこと武蔵野の小山社長に言ったら内定取り消しになるよ。

先輩やお客様にもそういう態度は出てしまうから、

非常にいい感性で、凄く人懐っこくて素晴らしいんだけど、

言葉遣いに気をつけないとダメですよ」と言うと、

「はい、わかりました!ありがとうございます!」と凄くいい返事をしてくれました。

10年度の内定者の方にも言いました。

「先輩社員から叱られることもあると思いますが、成長してもらいたいので指導をしてもらえるんです。

叱られたら、『ありがとうございます!』と言いましょう!

先輩の社員も、完璧ではないんで、時には腹の立つ叱り方をされることもあると思います。

『うわ、叱られた…いやだなー』と嫌な顔をすると、先輩社員も注意したくなくなります」

もう少しで10新入社員が入社してきますので、現場で指導、OJTができるようにしてほしいです。

 


★お知らせ


奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ