パレートの法則(3月19日朝礼より)◇


★お知らせ


先週土曜日の受け入れ研修で、辰巳先生のDVDを見ました。

普通は2:8ですが、さらに細かく分けると2:6:2になると仰っていました。

AくんとBくんとCくんがいて、

「Cくんは何をしているの?」と聞くと、

「石を切らされている」という表現をしていました。

「Bくんは何をしているの?」と聞くと、

「何センチかける何センチに、きっちりと石を切っています」と、

一生懸命やっていました。

「Aくんは何をしているの?」と聞くと、

「この石を切って学校を作ってるんです!

学校を作ると子供たちがここで楽しく学べるんです。

だから一日も早く作ってあげたいと思う」という気持ちで取り組んでいました。

みなさんはAくん、Bくん、Cくんのどのタイプになりたいですか?というと、

やはりAくんですが、わかっていながらついつい出来ないこともあります。

わたしは昨日東京のクリニックに行きました。

実はわたしは今ダイエットをしていまして、最近あまり歩くことができていません。

「やはり、ダイエットには運動した方が良いですか?」とクリニックの先生に相談すると、

「運動はした方が良いですが、『運動しなければならない』と思って

それがストレスになるのなら辞めたほうがいいですよ。

運動して『心地良いな』と思えるのならした方が良いです」と仰っていて、

「それは仕事と一緒ですね」という話をしました。

わたしも真面目ですから、自分で「週に2回、ジムに行こう!」と決めて

スポーツジムの会員になりました。

そうすると今度は「ジムに行かなければならない」と思って、

「must」になってしまいます。

「今日、ジムに行かなければならない」と思うと、楽しくないんです。

仕事も一緒で、色んな仕事がありますが、その向こうに何を見ているかです。

わたしたちは石油系の合成界面活性剤の怖さを世の中に伝えて、

一人でも多くの人に幸せの輪を広げていくことが仕事です。

わたしが以前にイメージしていたのが、

「自分の周りに自分の製品で埋め尽くしたい、

お風呂場や洗面所に石油系の合成界面活性剤を使用していない自分の製品で

いっぱいにできたら幸せだろうなぁ」と思っていました。

ですから歯磨きのシャインステップや洗剤のステップを作りました。

仮に当社の製品でなくてもそういうコンセプトをわかってくれて、

一人でも多くの人に石油系の合成界面活性剤を使用しないものを選んでもらって、

さらに当社は結果が出る製品を追求していますので、お客様から

「リセラに出逢えて良かった。使って良かった。人生が変わった。ありがとう」

と言ってもらえることをイメージしながら仕事ができているか、ということです。

「これを今日中にしなければならない」と考えて仕事をするのは、

わたしのスポーツジムと同じです。

そうなると楽しくなくなります。

わたしも常にAくんの考え方でいるわけではありません。

スポーツジムや運動に関しては、ついつい、Cくんの考え方になりかけていたところもあります。

そういうことがあり、自分も反省をして、

「もっと自主的に楽しくやろう」と思いました。

そういうことの繰り返しですので、皆さん自分を振り返って、

是非Aくんの考え方になってもらいたいと思います。


★お知らせ


奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ