思い切り(1月15日朝礼より)◇


★お知らせ


わが社がご指導頂いている株式会社武蔵野さんは2000年に日本経営品質賞を取得されました。

この賞を取得すると、全国からの社内見学の要望が増えます。

見学者が多くなるとその会社のモノが売れるのでとてもいいことですが、

武蔵野さんの事業はダスキン販売なので、特に武蔵野さんで買わなければいけない理由はなく、

「せっかく全国から見学に来ていただいても売るものがない。

じゃあどうしようか。そうだ会社ごと売ろう」という小山社長の斬新な発想の元、

会社見学にお越しいただいた方に、「会社の仕組み」を売るという、経営サポート事業部ができました。

今までと違う発想を持たないと、新しいことが生まれません。

48期増収増益をしている伊那食品工業様という会社があります。

この会社は昔から寒天を扱っていますが、寒天というのは需要に限りがあります。

その中でなぜ48期も増収増益しているかというと、

寒天をほかにもっと使えないだろうかと、たとえばダイエット食品や医療になど、

別の用途で使えるように知恵をしぼっているからです。

このように、今までの固定概念や成功体験ではなく、常に柔軟な頭と柔軟な発想が大事だと思います。

当社の通販の定期購入でも、スーパーホワイトが余ってしまい、

どうしたらよいかとお問い合わせを頂くことがありました。

そんな時に当社の社員がサロン様を訪問する中で、サロンの先生から

「スーパーホワイトはパックにすると、すごくいい」と聞いてきました。

早速スーパーホワイトパックが本当に良いものかどうか当社のアンテナサロンで試したところ、

非常に良かったので、現在通販のお客様にお勧めしています。

また、「豆腐には醤油をかける」という固定概念があると思いますが、

「たまにはソースかけてみようかなぁ」とか、

「たまにはマヨネーズをかけてもおいしいんじゃないかな」とか、

「もしかしたら塩だけで食べたらおいしいかも」と、

新しい発想にチャレンジすることはビジネスにおいて非常に大事なことになるので、

常に柔軟な頭と成功体験にこだわらない姿勢で、今年も常にチャレンジしていきたいと思います。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ