運命(1月13日朝礼より)◇


★お知らせ


昨日、福岡支社の開設の懇親会がありました。

その席に、古くから当社とお付き合いして下さっている山口県のSalon de Kaiの甲斐先生もお越しになられました。

わたしの本の中で昔の社員の不正の話も書いているのですが、読んで下さった甲斐先生は

「あのときのことですよね。リセラの社員さんは本当に変わりましたよね」とおっしゃってくださいました。

熊本県の有限会社さくらいの桜井先生も懇親会にお越し下さり、会話をする中で、

桜井先生は「営業担当が脇原さんだからこの懇親会に来ました。

脇原さんはうまくわたしたちを乗せてくれて、やる気を出させてくれます」とおっしゃっていました。

現在、九州の福岡支社ができて、多くの九州地方の先生が関心を持たれて、

福岡支社の責任者である営業の脇原さんという人柄に期待を寄せられています。

「運」というのはその言葉のとおり「運ぶ」という字でもあります。

何によって運ばれるのかというと、人なんです。

情報やお金に足がついて自分から歩いてくるわけじゃなくて、人が運んで来ます。

自分のレベルにあった人格の人がまわりに集まって来ます。

会社のレベルもそうです。

会社にあった社員や、お得意先が集まって来ます。

いい人と出会うためには自分自身を磨いて高めるしかありません。

あともうひとつ、「運」の「勢い」と書いて、「運勢」というものがあります。

運勢をよくするにはどうすればいいか、わたしも教わったことがあります。

営業でもそうですが、チラシを何日もかけてゆっくりゆっくり500枚まくのと、

勢いよく一日で500枚まくのでは結果が違います。

目に見えないので信じられない人には信じられないんですが、その結果にも勢いがあります。

ですから歩くときにもキビキビ歩く、キビキビ行動することが大事です。

勢いをつければ運勢がよくなります。

実際にわたしたちも前の仕事でチラシを一戸建ての住宅にまいていました。

集中して数をこなすと、結果が違うんです。

1日100枚ずつ配って20日間かけて2000枚配るのと、

1日1000ずつ枚配って2日間で2000枚配るのとでは、結果が本当に違います。

これは目に見えないのでわかりにくいのですが、運勢をよくするのは勢いが大事です。

返事もそうです。話し手が「以上です」と言うと聞き手はテンポよく「はい!」と返事をすること。

勢いというのはすごく大事ですので、運勢をよくするためには自分の勢いをよくする、

言葉を変えるということを心がけていきましょう。

世の中暗いニュースが多い中、ドクターリセラは明るく元気に、皆さんに元気を発信していきましょう。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ