アレルギー(12月29日朝礼より)◇


★お知らせ


昔、月にロケットを飛ばした人がいました。もし、この人が月に行ける訳ない、うさぎが住んでるとこに行けるわけない」という風に思えば、行けなかったですし、もし飛行機を飛ばした人が、「鉄の塊が空を飛ぶわけない」と思えば、飛ばすことは出来なかったわけです。

ここ数年間の情報革命でFAXが当たり前だった中、これがペーパーレス化を図り、ドキュワークスを取り入れ、今はそれが当たり前です。

又、携帯も同じです。今では携帯が誰もが持っていることが当たり前という風にいろんな常識が変わってきています。

当社がクリニックをするときも当時の営業マンが「こんな無名の会社にドクターがついてきてくれるわけない、院長になってくれるわけない、社長がやろうとしているクリニックなんて出来ないよ」ということで営業マンが辞めていきました。

確かに我々にとってクリニック1つ作ることは本当に大変で、何人ものドクターに断られましたが、今ではみきなクリニックがあるのが当たり前です。

又、他にはダイヤルエステに関してもそうです。多くの方に「通販のお客様とエステのお客様は違うのだから無理だよ」と私は言われました。しかし、今敢えてチャレンジして、通販とエステの融合をやっています。自分の中に思考や枠を設けるのではなく、何か起きたときにどうしたら出来るかなと常に考えて欲しいと思います。

また実例になりますが、私が名古屋にどうしても行かなければならない大切な用事があった時に、終電に乗り遅れた時の話です。

名古屋に行くのに電車で約1万円かかります。

タクシーであれば、5万円かかるかなということで、私は「1万円になりませんか?」とタクシーの方と交渉しました。

5台くらい断られたときに、「あ、そうだ。個人タクシーであれば、大丈夫かな」と思い、個人タクシーの方へ頼みました。すると、「いいですよ。高速代だけは別にしてもらえますか?」と返事があり、1万円と高速代で名古屋まで無事行けたわけです。

何かあったときに「無理」と思うのではなくて、「どうしたら出来るか」と考えて行動するといろんなことが出来ます。

世の中にはロケットで月に行こうとした人、鉄の塊を飛ばそうとした人、そういう人達がいるわけですから、私たちは枠を作るのではなく、今出来ないことをどうしたら出来るかと考え、実行しましょう。自分の考えたことは出来るのです。

「思考は現実化する。」ナポレオンヒルという有名な人が言っていますけど、自分の考えたことは現実化する。考えられないことは、現実化出来ない。

本当にそうだと思います。

もうすぐ、今年も最後になりますけど、新年を迎えるにあたり、それぞれ目標を立ててもらおうと思います。まず、「仕事の目標」、そして「個人的な成長の目標」の2つを立ててもらいます。

その際に自分がどういう風に仕事で成長したいか、個人的にどう成長したいか、それを考えられると思考が実現化でき、引き寄せられるわけです。

本日は、今年最後の営業日になりましたけど、来年に向けてどうなりたいのかということを今年1年振り返って、この休み中に考えていきましょう。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ