憎まれ役(12月8日朝礼より)◇


★お知らせ


働く中で、薬局で勤めていたときでも厳しいことを言ってくれた

上司のことは今でも印象に残っています。

例えば、会計でお釣りを渡すときに一万千円を「いちまん、せん円」と言うと

「いちまんせん円じゃない、いちまんいっせん円と言え!」と厳しくバシッと言われ、

当時20代前半だったのですが今になっても当時のことは忘れず印象に残っております。

薬局のカウンターで夜、アルバイトをしていたんですが暇だったので

「暇だなぁ。」と考えていると、それが顔にでていました。

すると上司が「時間を無駄にしないで勉強しろ!」ということでカウンターで勉強していました。

そして勉強するために本を読んで、つい読み入っているとまた「読み方が悪い!」と怒られました。

カウンターで本を読んでいるときにお客様がお店に来られたら、

すぐに「いらしゃいませ。」と言えるようにしまさいと注意されました。

「本を顔に近づけて読んでいるとお客様が来たときにわからない、

読み方は常に180度目線を配りながら勉強しなさい!」と注意されました。

立ち方から読み方まで、20代前半にこと細かく指導していただきました。

私がフラフラしていたら「男は少なくとも22歳までにこれといったものを決めろ!」といわれ、

中々決められないので、とりあえず自分でいろいろ経験してみようということで

何十種類の仕事をして、1つに決めて、自分で柱を立てて今まで頑張ってきました。

その人に厳しく指導していただいたおかげもあります。

このように憎まれ役という人が人生においてずっと印象に残ると思います。

厳しく指導する中にも、その人のためを思って愛情を持って叱ってくれています。

ドクターリセラにもそんな人がたくさんいます。

ときには嫌な事を言われて「少し嫌だなぁ。」と思うときもありかもしれませんが

根底にはその人に成長してほしいと想ってのことです。

ドクターリセラは新卒1期生、2期生、3期生と若い人が多いです。

ですから余計に厳しいことを言わないといけないときもありますが、

すべてその人を想って言っていると理解して「ありがたいな。」と受け止めて

成長してほしいと思います。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ