鈍感(12月7日朝礼より)◇


★お知らせ


銀行の方が会社に訪問される時に支店長クラスの方が来られる際は、

会社の明るさ(蛍光灯を含めて)を見られています。

社内の電気が暗いと「この会社は業績が悪いのかな。」と思われるそうです。

また、社員やパートの表情が暗く元気がないと「この会社に融資をして大丈夫かな。」ということで

会社の空気を見に来ています。

例えば私たちがサロンに訪問する際に、

そのサロンは何か空気がおかしいのではないかという目には見えない「気」というものがあります。

気はいろいろな言葉で使われています。

「元気がある、勇気がある」など、様々な言葉で「気」は使われますが、

目に見えないものではありますが、実はそれが1番わかることがあります。

私が当社の環境整備点検に各支社や各サロンに足を運ぶことにも理由があります。

アンテナサロンに足を運ぶことで「サロンがうまくいってないのではないか。」や

「少し空気がよどんでいるな。」など、その「気」を自分で感じます。

それを敏感に感じるようにしておかないと判断に誤りが生じます。

ですからいろんな業者の人を直接見ることも大切です。

営業や事務の電話応対もそうですが、何か様子がおかしいなというときは報告をしておくと、

未然に防ぐことができます。

目に見えない空気を感じて私たち役員を含め、上司が判断のしやすいようにいろんな情報を集め、

気づきを上げていってください。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ