ちょっと階段をあがっただけで息がきれるー運動習慣ってありますか?ー◇

皆さんは運動習慣ってありますか?
※運動習慣がある、というのは、
1日30分以上の運動を週2回以上実施し、
1年以上続けていることを指すそうです

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は昔
・子供の頃はミニバスケットボールチームに加盟、
毎日練習や遠征試合にも参加してました

※一瞬サッカーも

高校生くらいからは・・・

運動らしいものは関わらなくなり・・・

大人になり
『これじゃいかん!!』と

キックボクシングをかじりました(〃艸〃)
今はお休み中・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デスクワーク中心の生活をしていると、
どうしても運動不足になり

通勤時駅まで歩くだけでなく
積極的に運動をしていきたいですね。

そこで今回は手軽にできる
ストレッチや運動をご紹介します。

まず、【座ったままできるストレッチ】から。
①なるべく背筋を伸ばして座り、
両手を組んで後頭部に当てます。

②鼻から息を吸い、口から吐きながら、
手の重みで頭を下げ、首の後ろを伸ばします。
あくまで手の重みで押し下げてください。

力を入れて押さえつけると、
首を痛める可能性があります。
首や背中の筋肉が凝っていると、
頭を下げにくい場合があるので、
痛気持ちいい程度に加減して行ってください。

次は、【背骨まわりの筋肉のストレッチ】です。

背骨まわりの筋肉は座り姿勢を
維持しているだけでも酷使されています。
血流を回復させて座り姿勢を楽にしましょう。

①少し浅めに椅子に座り、
両腕で太ももを抱えるようにして、
体を丸める姿勢をとります。

椅子の安定性にはご注意ください。
不安定な椅子ではなく、
安定した椅子を用意してください。

②丸めた姿勢から、
背中が天井に引っ張られるイメージで、
背中にカーブを作ります。

ぐぐぐっと、背中を天井側に持ち上げてください。
凝っている背中に効いてくるはずです。
このとき、頭も一緒に下げて首の背面も伸ばしましょう。

今度は【立って出来る運動をご紹介】します。

その場で出来る運動としては、
スクワットがあります。

・足の幅を肩幅程度に開く
・膝を曲げてしゃがむときに、股関節も同時に曲げる
・しゃがむときに背中を丸めない
・膝がつま先と同じ方向を向くようにする
・膝がつま先より前に出ないようにする

この姿勢を意識してスクワットをしましょう。
スクワットはかなりハードなトレーニングなので、
最初のうちは浅めでも問題ありません。
慣れてきたら、太ももと床が並行になるまで下げてみましょう。

デスクワークの方・あまり運動しない方は
簡単なストレッチから取り入れてみてはいかがでしょうか

松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て、
現在は孫二人を溺愛中の40代働くグランマ

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
・2013年ドクターリセラ株式会社へ入社
入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

働く女性・子育て中のママ・子供たちの毎日に
【キレイ・健康・笑顔】をテーマに
ドクターリセラ(株)自社メディアWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ