逆境(7月14日朝礼より)◇


★お知らせ


「何か問題が起きた時に自分でどうとらえるか」

フランスの作家の話ですが、フランス革命について10年の歳月をかけて書いた渾身の一作がついに完成しました。

その本を作家の友人に見せたところ、一晩貸してほしいと言い、作家は友人に本を貸してあげました。

そして、後日友人のまた友人がその本を、私にも貸してほしいと言い、又貸しをしてしまったそうです。

すると、その友人の友人の姉妹がゴミと間違えて焼いてしまったそうです。

作家は数日間呆然とし、何も考えられず、10年の月日が無駄になってしまったとなげいていました。

数日経ったときに、たかが自分が書いた10年の歳月が燃やされたことでおちこんで投げやりになるような作家の書いた作品は世の中の役に立たない。

こういう逆境を乗り越えて、新たにもう一度立ち上がって書けるような作家が世の中の役に立てるのではないか。ということで、また作品を書いたそうです。

それが、いま有名なフランス革命の本になっています。

また、例えば、交通事故にあった場合などに、これは意味があるのだろうか?と言う人がいます。

しかし、そうではなく、事故にあった後、自分がどう捉えるかが大切になってきます。

いま目の前にある逆境や越えられそうにないと思うことも、楽しみ、超えられるから自分に来ているんだという気持ちで立ち向かい、前に進んで行きましょう。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ