基準をつくる(7月13日朝礼より)◇


★お知らせ


これは武蔵野さんの小山社長が仰っていたことですが、日本に最初から道路交通法があったわけではないです。

日本で車が走り出して、日本の道に合わせた道路交通法ができてきました。

同じことがインターネットの世界でもありまして、今までなかったインターネットが普及する中で、インターネットの中での規制であったり法律であったり、そういうものがあとから出てきています。

エステティック業界もそうですが、わたしが前にいた薬業界よりも決まりが少ない業界、何をやってもいい業界で、たくさんチャンスのある、新しいまだ確立されていない業界です。

当社も通販とエステのコラボレーションということで、ダイヤルエステをやっていますけど、これもやっていきながら基準をつくる、やってみないとわからないんです。

多くの人がやる前から「やって失敗したらどうしよう」とか「ちゃんと決めてやらないと」と石橋を叩いても渡らない人が多いです。

チャンスを掴む人は石橋をかけながら渡る、というところで、やりながら修正して、やりながら常に改善していく、それを実行していくことが一番大事だなと思いました。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ