チーム(5月27日朝礼より)◇


★お知らせ


先日、全日本全身美容業協同組合の総会がありまして、リッツカールトン元日本支社長の高野登さんの記念講演がありました。

その中でやはりリッツカールトンが何故あるのか?何故リッツカールトンの社員は働いているのかということを常に社員同士でディスカッションしているそうです。

お客様の方向を向いて、当社で言えばオーダー課であったり、営業部であったり、連携してひとつの結果を生み出すということをされています。

ひとつの目標をもって、目的に向かって、方向性が同じ会社はチームのパワーが強いです。

そのために当社にはクレドなどの価値観を共有する仕組みがあります。

ときにはお客様の方向を向くことによって、仲良しクラブではないので、どうしたらお客様に喜ばれるのかということを考えて社員同士で口論になったりするケースもあります。

だいたい事務部と営業部というのは基本的には、一般の会社では仲が悪いです。

何故かというと、営業部は最前線でお客様のことを想うし、事務部の人はイレギュラーをなくさないとシステムが出来ません。

そこらへんのせめぎあいというか、狭間でいつも口論とかけんとうをする機会が増えるのですが、

それは悪い意味ではなく良い意味でお客様の方向を向いている証拠になりますので、

わたしたちも非常に仲が良い会社だと想いますけど、そこらへんがときには

「お客様のためを想ったらこうなんだ」「いや、こうなんだ」というとこらへんが出るくらいの、

気概をもって仕事をしていきたいと想います。

 

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ