損(5月25日朝礼より)◇


★お知らせ


以前も営業部の皆さんに話したことがあるんですが、「いくらぐらい未回収金がありますか?」と聞いたら、まだ把握できていないブロックがありました。

そのときに話をしたんですが、例えば個人でお金を貸したときに、何人に貸していくら戻ってきていないのかわからないというような人はいないと思います。

売掛金の未収金ということは、会社のことだと慢性的で当たり前なことだと思いがちなんですが、そうではなくて、個人に置き換えて考えてみるとどうなのか、ということです。

会社でよく何十万円単位とか、何百万円単位ということがありますが、個人に置き換えると、たとえば1万円でも不明金があると「あれっ?」ということになりますが、会社のことだと鈍感になりがちです。

武蔵野さんの社員さんに「会社の2000万と個人の2000円と、どっちが大切ですか?」という話をしたら、「個人の2000円が大事です!」とはっきり言い切りましたが、それも素直で良いかと思いますが、ついついそういうふうになりがちですので、会社のお金が帳簿だけでお金が動いたりすると鈍感になりがちで、そのために幹部実践塾に行ってもらうときも重さを味わってもらうために現金を渡しています。

鈍感になりがちな金銭感覚を個人に置き換えて、自分だったらどうかな、というふうに考えてもらいたいと思います。

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ