全力(5月21日朝礼より)◇


★お知らせ


09年度新入社員の人たちには「農業研修」として草刈や田植えをやってもらいました。

うちの両親が「研修に来られた皆さんは凄く熱心で、音を上げずに、弱音をはかずに我慢強く、しかも明るく素晴らしい」と言っていました。

ただ常に全力というのは難しいので、onとoffをはっきり分けることが大切ですし、

スポーツと同じであまり無理をすると続かないので、自分に120%の負荷をかけて少し無理をすると、

特に若いうちにそうすると、自分の実力が上がるわけです。

そういう意識をもって、なるべく楽をしようと考えることは自分自身の成長に繋がりません。

たとえば草刈でも、最初はいらないところに力が入って要領がつかめません。

一生懸命やるうちに上手な人を見て、「こうすればできるんだ」ということがわかってきます。

農業研修の目的のひとつに「改善して工夫する」ということが含まれていますが、

全力でやるとそういうこともわかってきますので、仕事でも一緒だと思います。

最初は不器用です、新人はまだ仕事に慣れていないので、帰宅してからも疲れていると思います。

そういう中で自分でどこに力を入れてどこが抜くべきなのかということがだんだんとわかってきます。

そのためには120%の負荷をかけないと成長できないので、そういう気持ちでやっていただきたいと思います。

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ