親切(5月15日朝礼より)◇


★お知らせ


魚を釣ってあげるのではなく、魚の釣り方を教えてあげる、というふうに言われています。

全て何かをしてあげることが優しさではなく、突き放すことも優しさになります。

ドクターリセラの社風は私を筆頭に優しい社風です。

わたしも一時はスカウトをされてコックさんをしていた時期がありました。

卵ぐらいはしょっちゅう飛んできますが、たまに包丁も飛んできます。

包丁が飛んできたら避ける技を学んでいますので、包丁ぐらい飛んできても私は平気です。

厳しさ、マスターの顔色を伺いながらみんながピリピリした雰囲気で、少々のことでは教えてもらえません。

職人ですから黙って、横で見て色んなことを覚えながら、自分で練習してやっていました。

リセラは現代の時代というものがありますが、コーチングというものを行っています。

仕事を教えるときは意図・背景・ビジョンを伝えるということを学んでいますが、やはり新人はそうしてもらえればありがたい、それでなくても仕事を言ってもらえるだけでもありがたいんです。

最初は仕事を与えてもらえるわけではなく、仕事を自分で探すわけです。

自分が仕事をやっていく中で、「この仕事はなんのためにやっているんだろうな、もっと何かすれば便利になるんじゃないかな」とか常に疑問を持ちながら仕事をしていくと自分が成長していきます。

そういう気持ちをもって、教えてもらえることはありがたい、ラッキーという気持ちを持って

自分がどうすればもっとよくなるかという常に工夫を考えて、そして自分がひとり立ちしてそれを後輩に伝えられるようにしてほしいと思います。

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ