13期経営計画発表会◇


★お知らせ


こんばんは!ドクターリセラ奥迫哲也です。

15日(土)に取引銀行6行と顧問税理士・顧問弁護士をゲストに迎えて、13期経営計画発表会をニュー大阪ホテルで開催しました。

まずは12期の振り返りで、全国CMの開始・通販の開始・新卒採用開始・幹部の長期有給休暇の開始・益田店の撤退・そして売り上げ目標の達成!!

続いて、13期の経営計画の発表をしました。

毎年、経営計画手帳を作るのですが、その中で「経営計画発表会にあたって」を載せておきます。

身近な人の「死」を小学生で体験し「人は何の為に生まれ、どうして死んでゆくのか?」を考えました。

1度きりの人生なら「少しでも世の中の役に立つ人生をおくりたい」と考えるようになりました。

この経営計画書は、社員とその家族がより豊かな生活を築く為、またお客様から喜ばれ多くの ありがとうを頂け、少しでも社会、地球環境に貢献できる会社を実現する為に、数字による目標を基盤として、我社がこうなるという方針を明確にし、目標を達成する為に、何をしなければならないか、また何をしてはいけないかを書いたものです。

会社は家族です。家族はただ楽しいだけでは成り立ちません。

苦しい事、楽しい事を共有しながら、皆で力を合わせて道を開いて行く。

会社は社員の労力に報いる為に発展し、利益を出さなければいけません。利益は、社員を守る為のものです。利益を蓄積する事で、災害や事故から社員と家族を守れます。そして、この事を通して、さらに社会に価値ある会社、社会的に貢献出来る会社を目指します。

会社は一日の大半を過ごす場所でもあります。その職場が幸福につながらなければ、何と大きな人生の損失と言えないでしょうか。

仕事を通して、どうしたら皆が幸せになれるかというテーマは、今でも、これからも変わらない願いです。

我社に縁あるすべての人たちが幸せになれる会社をつくっていく努力をより一層していきます。

社長の努めは、社員のやりがいのある仕事が出来る、条件を整えることです。

ここに書かれた目標、方針は幹部が参加して作成したものですが最後の利益責任は社長一人にあります。

したがって実行する主役である社員一人一人に実施責任を持って頂きます。その結果、成果が得られれば、それは社員のお手柄です。

「経営計画書による経営」の強みを活かし、経営計画書を立派な会社を創るための道具として活用します。

日々努力を重ねて、一緒に仕事が出来る縁の不思議に感謝し、多くの感動が出来る会社。そのような一人ひとりが輝いている会社を目指して頑張っていきます。

どうか今期もより一層のご協力をお願いします。

2008年3月15日   代表取締役 奥迫 哲也

奥迫 哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫 哲也TETSUYA OKUSAKO

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

 

 

 

奥迫 哲也の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ