気づきのレベルを上げる(2018年4月23日の朝礼より)


★お知らせ


気づきのレベルを上げる(2018年4月23日の朝礼より)

このフィロソフィーを読んでいつも思うのが、ある取引先サロン様です。

いつも環境整備を徹底しています。
朝パウダールームでコンパクトのケースも磨きます。
ほこりはもちろんなんですが、パウダー自体が鏡についたりしますよね。

そういったようなものも綿棒でキレイにされたり、
窓ガラスも含めて、指紋ひとつ残さない。
まるで朝一番の伊勢神宮を彷彿とさせるような環境整備をされています。

なんのためかというと気づきのレベルを上げるためです。

エステティックでいえばお客様の細かいところを
普段から気づく習慣をつけて、肌を見る気づきのレベルを上げる。

コミュニケーションの中でも言葉以外に、
言葉だけではなく態度とか表情とか声のトーンなど、
そういったものから読み取る力が必要です。

高いレベルのコミュニケーションとカウンセリングというものも
環境整備をベースにして築き上げている。

気付きのレベルを上げるということは
エステティックに非常に関係深いため、重要になっています。
私達の取り扱いサロン様が高いレベルでされています。

あるサロン様ではお客様の解約のあった実例として
契約を頂いた帰りに観葉植物が一枚枯れているのを見て
「こんな観葉植物ひとつ手入れできないサロンさんに私の顔を預けられない」
ということで解約になったという実例もエステの本で紹介されています。

環境整備と肌の改善ということもつながっています
非常に大事なことですのでさらに真剣に取り組んでいきましょう。


★お知らせ


 

奥迫哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫哲也TETSUYA OKUSAKO

ドクターリセラ株式会社代表取締役。
1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
97年に株式会社シード設立。
2000年、エステ業界に参入。
全国のエステティックサロンに「安全で結果の出る化粧品」をコンセプトに01年「アクアヴィーナス」シリーズ発表。
03年「ADS」シリーズ発表。
04年、アンテナサロン「メディカルエステ銀座リセラ本店」、高齢者の認知症対応型介護施設「グループホームひのき」を島根県江津市に開所。
06年、東京支社開設、社名をドクターリセラ株式会社に変更。
07年には初のテレビCMを放送。
08年、大阪市東淀川区に自社ビルに本社を移転。
06年の通信販売事業開始。
09年にコールセンターを開設。以降、食品事業、フィットネス事業、レストラン事業なども手がける

オススメ記事

奥迫哲也の投稿一覧

カテゴリー別

城嶋杏香ブログ