信頼する(2018年5月7日の朝礼より)

信頼する(2018年5月7日の朝礼より)

この項目でやはりぱっと浮かんだのが松下幸之助さんの話です。
松下幸之助さんが一代で大きく事業を拡大できた理由はなんですか?
という質問をされたときに3つ答えられたそうです。

ひとつは家が貧乏だったから。
小学校を卒業してそれから働きに出ました。

ふたつめは自分の体が弱かったから。
自分の体が弱かったから、健康な人に仕事をしてもらった。

みっつめは自分に学歴がなかったから。
小学校しか出ていないので、大学を出た人を頼って、
自分より優秀な人が働いてくれたおかげで、
その人達に頼ってここまで事業が拡大できたとおっしゃっていました。

そのように、普通から見れば体が弱くて学歴がなくて貧乏で、
ということは言い訳になりますが、それによって
人を信頼してパナソニックという大きな事業を
作り上げたというところが思い浮かびました。

“信頼する”という言葉と同じような言葉で
“信用する”というのがありますが、
何が違うのかと思うと、”信用する”というのは過去のことです。

過去の実績や行動や業績をみて、信用をできる人だと考えます。
“信頼する”というのは未来のことです。
過去の信用から信頼して仕事を任せようと。
信用と信頼にはこのような違いがあります。

リーダーはともに働くメンバーを信頼しよう
逆にどうやったら”信頼”してもらえるか、
信頼は未来のことで「この人だったら仕事を任せられる」と。

リーダーシップの観点からいうと、
同じような言葉で、”放任”と”放置”があります。

“放任”というのは、わかりやすく言えば
海で監視する人が見ていて、普段干渉せず
なにかあったら手助けに行く。

“放置”というのは全く見ていないということです。

放任と放置もリーダーシップの側からいうと
放任する、と、放置に近い状態にするのは
何が違うのかというと愛情があるかだと思います。

放任と放置は違いますので、放置するのではなくて、
任せるということです。
そういった違いがあります。

逆の立場からいうと、どうしたら信頼されるか。
信頼されるために信用を過去の実績として積み重ねて、
信頼されるためにはどうしたらいいのかということを、
また話し合ってもらいたいと思います。

奥迫哲也

ドクターリセラ
代表取締役社長

奥迫哲也TETSUYA OKUSAKO

ドクターリセラ株式会社代表取締役。
1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
97年に株式会社シード設立。
2000年、エステ業界に参入。
全国のエステティックサロンに「安全で結果の出る化粧品」をコンセプトに01年「アクアヴィーナス」シリーズ発表。
03年「ADS」シリーズ発表。
04年、アンテナサロン「メディカルエステ銀座リセラ本店」、高齢者の認知症対応型介護施設「グループホームひのき」を島根県江津市に開所。
06年、東京支社開設、社名をドクターリセラ株式会社に変更。
07年には初のテレビCMを放送。
08年、大阪市東淀川区に自社ビルに本社を移転。
06年の通信販売事業開始。
09年にコールセンターを開設。以降、食品事業、フィットネス事業、レストラン事業なども手がける

オススメ記事

奥迫哲也の投稿一覧

カテゴリー別

城嶋杏香ブログ