皆さん、こんにちは。南雲 吉則です

皆さん、こんにちは。なぐちゃんこと南雲吉則です。

私は「ごぼう茶」「一日一食」「水シャワー」など変わった若返りダイエット法で知られていますが、本業はがん専門医です。東京・名古屋・大阪・福岡のナグモクリニックを毎日飛び回りながら年間500件の乳がん手術や乳房再建を行っています。そして皆さんに早期発見・早期治療の大切さを説いてきました。その結果何が起こったか? わずか30年間でがん死亡率は倍増し、二人に一人ががんになる時代になったのです。このままでは、次の30年間で一人に一人ががんになるのです。

がんがこれほど増えている原因は何でしょう? それは「食生活」です。手軽に買えるおいしくて便利な食べ物が皆さんをがんにしているのです。
ではどうすればがんを防ぐことができるのでしょう? それは「メタボ」にならないことです。メタボの3高を知っていますか? 高血糖、高脂血症、高血圧です。高血糖は精製した糖の摂りすぎ、高脂血症は悪い油、高血圧は塩や化学調味料の摂りすぎです。

皆さんが普段当たり前のように口にしているファーストフードやコンビニのお弁当、お菓子やお土産、ドレッシングや調味料。これらは砂糖と塩と化学調味料と悪い油のオンパレード、「ニセモノの食品」なのです。
では健康にいい「ホンモノの食品」とはどのようなものでしょうか?

一つ目は完全栄養で高ポリフェノール。野菜や果物や穀物は皮を剥いてしまうと糖質のかたまりですが、皮ごと食べれば抗酸化作用のあるポリフェノールを豊富に含んでいます。

二つ目はオメガ3のオイル、抗炎症作用と抗凝固作用によってがんや心筋梗塞・脳梗塞を予防してくれます。また体の中でDHAに変化して「脳力アップ」「視力アップ」「精力アップ」の働きがあります。

三つめは発酵食品です。菌が生成した酵素や必須アミノ酸は、消化吸収を助け旨みを与えてくれます。  こうした食品はダイエットや若返りによいばかりか、がんを防ぐこともできます。私はがん専門医として、がん死亡率を半減させる「命の食事」を提唱しています。このミューズテラスでは命の食事推奨の商品を紹介してゆきますので、ぜひ一度お試しください。

南雲 吉則

医師 乳腺専門医
博士

南雲 吉則YOSHINORI NAGUMO

1955年生まれ。乳腺専門医、医学博士。慈恵医大・近畿大学の非常勤講師、韓国東亜医科大学・中国大連医科大学の客員教授。慈恵医大学卒業、東京女子医大形成外科、癌研究会付属病院外科、慈恵医大学第一外科乳腺外来医長を経て、バスト専門のナグモクリニック院長。 「女性の大切なバストの美容と健康と機能を生涯にわたって守る」をモットーに札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の5院を飛び回る。がん患者の命を救う食事と生活術「命の食事」を提唱。テレビ出演・著書多数。

オススメ記事

寺井 健二の投稿一覧

カテゴリー別

城嶋杏香ブログ