【感謝離】

クリスマスが終わり、
そろそろ年末の大掃除の時期ですね。
年に何回もないこの大掃除、
しっかり福を引き寄せるチャンスです!

誰だって清潔な場所や清潔な人が
好きなように
神さまも清潔な場所や人が好きなんだと
私は思うのです。

だから、
大切なものはきちんと清潔に磨いて整頓、

それ以外の溜まった
『もの』や『汚れ』や『想い』は一気に
片付けます。。。が、
ここで引っかかるのは、
一つ一つの物に思い入れがあったりと、
大切な思い出が詰まってて捨てられない!!という、誰もが当たる壁。

昔から周りから良く言われるのは、
なんでそんなに気持ち良く捨てられるの?
という言葉。

私は捨てるという感覚がなく、
離す→放つ
というような感覚で、

断捨離ならぬ

『感謝離』

をしています。

例えば
色が気に入ったけど、私にしては少しミニ過ぎてあまり着れなかった服、

デザインが今の服のセンスに似合わないブローチ、

一度だけ履いて痛くなって履かなくなったミュール。。。

私を彩って快適に過ごさせてもらったり、
靴は買う前にもっとしっかりサイズを見ておくべき!と私に教えてくれたり、
と、活躍してくれた事に

「ありがとね!」

と言って自分の元から放つんです。

それをまとめて「福袋」と名付けた袋に入れておいて必要な人にお嫁にもらってもらう事で、
新たなステージで喜ばれ活躍出来るはず!
と、罪悪感どころか、愉しみに変わって行くのです。

一番放ち辛いものは、
思い出のあるものですが、
小さなシミが付いてしまってどうしても取れなかったり、
大切な方から贈られた骨が曲がった傘
など。。
こんな思い出のある物達は、写真に納めて
感謝の想いを込めて
「大好きだったよ!ありがとー」と
感謝離します。

そしてお掃除も。
床や壁、衣類に付いたシミ、
床の汚れも孫達が元気に遊べたからこそ、
知らない内にシミの付いたハンカチも、
何かに夢中になっていたからこそ、
生きているからこその有り難い汚れだと思うと、
床を拭く手にもお洗濯する手にも
心がこもって、
ここでも汚れに感謝離。

年末の大掃除、
同じするなら
心地よくご機嫌に

『感謝離」

して、神さまも人も寄り付きたくなる空間を作って
福を呼び寄せましょう。

今年最後の
ここちあれしぴとなりましたが、
来年も皆さまの心地いいライフスタイルの
お役に立てたら幸いです。

フィール グットなお年をお迎えください。





cocochiaセスキ炭酸ソーダで慈布ガーゼハンカチのシミも感謝離
城嶋 杏香

ビューティー
ライフクリエイター

城嶋 杏香KYOKO JOJIMA

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
57才、孫4人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるビューティーライフクリエイター、美容会社の取締役、イメージモデルとしても活動中。

 

 

 

オススメ記事

城嶋 杏香の投稿一覧