旧正月って意識したことがありますか?

【皆さんは旧正月って意識したことがありますか?】

旧正月とは、陰暦(旧暦)の元日です。
陽暦(新暦)となった日本では祝う習慣が薄れたものの、
アジア圏では「春節」といって、
各国で祝う習慣があります。

2018年の旧正月は2月16日でしたが、
2019年は2月5日です。

旧正月は、新暦のお正月と日にちが一致しません。
旧正月がいつかということは、太陰暦を見るとわかります。
(最近はネットで検索すればすぐに出てきますよ。)

太陰暦は月の満ち欠けによって定められるので、
1ヶ月が29日もしくは30日ということになり、
新暦とはズレが生じます。
※おおよそ1月下旬から
2月下旬の1ヶ月間のどこかにはなるようです。

・中国の場合
旧正月(春節)の期間は
国内での盛大なイベントが催されるほか、
春節の休暇を利用して中国人が
日本や他の国を観光することでも有名です。

2月頃は確かにアジア圏の観光客の人を
他の時期より多く見かけるような気がしますよね。

中国国内では、爆竹を鳴らしたり、獅子舞や龍が
練り歩いたりと、伝統を重んじたイベントが楽しめます。

・韓国では
ソルラル、クジョンといいます。
中国では大型連休になるのに対し、
韓国では基本的には3連休だけで、
中に日曜日を挟んだりするときは4連休になるようです。

韓国の旧正月には伝統的な挨拶のしきたりがあります。
子供が親や親戚などの目上の人に、
日本でいう「あけましておめでとうございます」
にあたる挨拶をするそうです。

子供から目上の人への挨拶だけでなく、
お年玉をもらうという
日本のお正月と同じイベントもあります。

・ベトナムでも
旧正月をお祝いするイベントがあります。
ベトナムの旧正月はテトといいます。
テト休みは土日も含めて
だいたい1週間のお休みになります。

テト休みには家族と集まって
一緒に過ごす習慣があります。
テトが近づくと、テトの花飾りやお菓子、
果物などが道でたくさん売られるようになります。

テトに欠かせないものはお花、
バンチュンというもち米料理、
伝統的なお菓子と5種類の果物のセットです。

地域にもよりますが、
北部ではピンクの桃の花、
南部では黄色の梅の花を
言えの玄関と中に飾ります。

バンチュンというもち米料理は、
どの家庭でも作られる料理ですが、
最近ではお店に行けば買えるようになったので、
家庭でみんなで作る習慣が
だんだんなくなってきているようです。

1 2
松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
シングルマザーとして2人の娘を育て、孫二人を溺愛中
40代働くグランマ

【経歴】
補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
海外での授賞式に参加後、最年少で店長を任される
その後、大手エステテックサロン・エステティシャン
トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
ドクターリセラ株式会社へ入社
入社後10か月で、配属直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円に
その後直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成へ導く

働く女性・子育て中のママ・子供たちの為の毎日を
【キレイ・健康・笑顔】をテーマに
ドクターリセラ(株)自社メディアWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ