小学生男児のママの悩み

あと1ヶ月で4月、入学、進級の時期ですね。

この春から小学校に入るお子さんをお持ちの方は
期待と不安とでいっぱいでしょうね。

春からの新生活、
今回は
【特に男の子のお子さんをお持ちの方】の
お悩みや不安について書いてみたいと思います。

最近のママはお仕事を持ってる方が多く、
4月上旬の午前授業の期間はお仕事との兼ね合いで大変、
というお声をよく聞きます。

ママのお仕事事情の前に、
「うちの子、ちゃんと学校に行って帰って来れるの!?」と心配なことも。

幼稚園や保育所は送り迎えでしたから。

ピカピカのランドセルを背負って帰ってきたら、
連絡帳のチェック
お知らせ、配布物のチェック
提出書類などのチェック
いろいろ確認することがあります。

提出書類やお知らせに関して、
初めてのママはわからない事だらけ・・・・

同じ幼稚園や保育所出身のママ友と
あれやこれやと相談したり、ママ友ネットワークを活用もおススメです。

それでも解決できないことは、
連絡帳に書いて先生のお返事を待ちましょう。
連絡帳だけでやりとりするのが、幼稚園や保育所との違いですよね。

そして、小学生になったとはいえ、男の子は元気いっぱいでやんちゃな子が多いです。

男の子は興味があること、やってみたいと思ったことは、
後先考えずにすぐに行動してしまうのです!

たとえば、
【水たまりがあったら入りたい。】
服が濡れる、靴が汚れる、なんていうことは男の子には関係のない話です。
「やめてー!」と言いたくなるところですが、
男の子の「興味があればなんでもしたい」という姿勢を
「男の子とはそういうもの」と受け止めて接することが大事です。

男の子ほ褒めるとき「すごい」「えらい」という言葉はあまりおすすめできません。
褒めるときは、何がよかったのかを具体的に伝えてあげましょう。
「ちゃんと挨拶できたね」「残さず食べられたね」など、
できたことを認めてあげる褒め方をしましょう。

新生活、不安と期待でいっぱいですが、
お子さんと一緒に乗り切っていきましょう!

ちなみに
私は娘2人なのですが
姉は5人子供がいて!男4人と女1人。
パワフルな母親です。

松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
シングルマザーとして2人の娘を育て、孫二人を溺愛中
40代働くグランマ

【経歴】
補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
海外での授賞式に参加後、最年少で店長を任される
その後、大手エステテックサロン・エステティシャン
トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
ドクターリセラ株式会社へ入社
入社後10か月で、配属直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円に
その後直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成へ導く

働く女性・子育てをする女性・未来の子供たちの為に「もっと笑顔を増やしたい」
「人と地球が喜ぶ、世界でオンリーワンの会社にする」という企業理念から、ホンモノの情報を配信するWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

オススメ記事

曽利 一章の投稿一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ