ママ友と仲良くするために

皆さんは、「ママ友」と聞くとどのようなイメージを持たれますか?

「公園デビュー」とか、「保護者会」などのイメージでしょうか。

もう少しお子さんが大きくなると、PTA等の色んな場面でお子さんを介した関係の「ママ友」ができてきますよね。

ママ友ができなかったらどうしよう…とか、

ママ友内でのいじめがあるって聞いた…など、

もしかしたらマイナスのようなイメージを持っていることもあるかもしれませんね。

ですが実際は、「ママ友ができるかな」と不安に思っているのは皆さん同じなので、話してみると「仲良くなれそうでよかった」と思うことが多いようです。

メディアやドラマの影響で、【派閥がある】とか【いじめがある】という印象が強くなっているかもしれませんが、それはあってもごく一部の話だと思います。

最近のお母さん方は、お皆さんお忙しいので保育所や幼稚園の送り迎えで、「おはようございます」や「こんにちは」の挨拶だけの繋がりもあるようです。

周りの人が心地よく、仲良くなれそうな雰囲気とはどのようなものでしょうか。

どんな場面でも想像すると、まずは【気持ちの良い挨拶】からだと思います。

お迎えの時に「お疲れ様です」と挨拶するワーキングママ達もたくさんいました。

その「お疲れ様です」には、「今日も子供を預けて仕事頑張りましたね、お互いお疲れ様!」という意味がこもっていた気がします。

先日、スピリチュアリスト江原先生の収録で 『職場や子供の学校で知り合う方は友達ではありません。まれに心も通じ仲良くなる事はありますが基本的にはその場所を通して、顔見知りになり仲良くしているだけ。

友達と同じ感覚で接するのはお互いの為に控えましょう。』 と伺いました。

確かに、大人になり仲良くなる事や出会う場所が狭くなってくると、仲良く話せる=友達となりがちですがだからこそ、ママ友や職場での窮屈さの問題が増えるのかもしれないな?と思いました。

『ママ友なんていらないわ、面倒だわ』という方もいるかもしれません。

『おはようございます。』や『さようなら』と笑顔で挨拶をしておくだけでも、問題ないと私は思います。

松本 しのぶ

マーケティング部

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

ドクターリセラ(株)マーケティング部
リセラテラス統括

10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て現在は孫3人を溺愛中の40代働くグランマ。

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
・最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャーとして勤務
・2013年ドクターリセラ株式会社入社
・入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

2017年:ドクターリセラ(株)自社メディア・リセラテラス立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ