• 松本 しのぶ
  • 2019.05.27

我慢しない!リバウンドしない!ストレスフリーダイエット

夏が近づくと、薄着になり今まで隠れていた
二の腕やお腹周辺がわかりやすくなり、
『あれ?なんか太ったのかも?』と
肌を隠す冬の間に油断しいてしまった方も多いのではないでしょうか。

今回はストレスのないダイエットについて。

ダイエットというと、甘いものを我慢して、
きつい運動をして、食事内容にも工夫をして…という
ストイックなイメージがありますが、
「我慢」の上に成り立つダイエットはリバウンドがつきものです。

何故なら大体の方が、目標の体重やサイズの数値を達成し、
「我慢」をやめたら、今まで我慢してきた分
『ちょっとくらい大丈夫かな?』と誘惑が溢れ出して
食べ過ぎてしまうことが多いからです。

人間には日常生活を送るための最低限必要なエネルギーがあります。

摂取カロリーが代謝するカロリーを下回れば痩せますが、
少ない食事量が続くと、筋肉などの材料となるたんぱく質を削って
不足している分のエネルギーを補うようになり、
代謝が悪くなる原因になります。

食事量を減らしすぎると、
脳が「体が飢餓状態にある!」と認識するため、
少ない食事量でも脂肪に変えて体に蓄えようとしてしまいます。

せっかく食事量を減らすのに、
体に溜め込む体質になってしまっていてはもったいないですよね。

まずは食事量を、今お腹いっぱいの100まで食べているとしたら、
80~85くらいの食事量にしてみましょう。
ストイックに40程度の満腹度の食事に変えてしまうと、
満足感もなく、空腹感が続き、ストレスになります。
女性はホルモンバランスが乱れて生理が止まったりして危険です!

低カロリーで満足感を出すには、
【海藻類やきのこ類、固い根菜】など、
・カサがあって低カロリーなもの
・噛みごたえのあるものを選びましょう。

噛む回数を増やすと満腹中枢が刺激されて、
少ない量でも満腹感が得やすくなります。
鶏のささみは低カロリー高たんぱくなので、
ダイエッターにはとってもオススメ。

茹でておいてサラダに乗せたり、蒸し焼きにして主食にしてもOK。
揚げ物は高カロリーなのでなるべく避けたいですが、
我慢しすぎでストレスになっては本末転倒なので、
トースターを活用し、カロリーを抑えて食べる
揚げ物風ささみのフライなどにしましょう。

また、主食白いもの(精製したもの)より茶色いものを選びましょう。

白ごはんより玄米や雑穀米、
白いパンより全粒粉やライ麦パンなど、
精製度が低い茶色いものは血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。

ダイエット中で食事量を減らしても、人と会って食事をするときは、
「おいしい!楽しい!」と思いながらいただくようにしましょう。
幸せホルモンであるオキシトシンが出て、とっても幸せになります。
幸せホルモンが出ると心が満たされますので、ストレスが軽減されます。

逆に「友達と一緒に食べてたから、
ついたくさん食べてしまった、どうしよう」と思うと
自分を責めることになり、ストレスになります。

ダイエットにおいて、ストレスは一番の敵です。

食事量を減らしたり運動量を増やすより、
日常生活に取り入れられるような「ゆるダイエット」で
我慢、ストレスとは無縁なダイエットを続けましょう!

松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
シングルマザーとして2人の娘を育て、孫二人を溺愛中
40代働くグランマ

【経歴】
補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
海外での授賞式に参加後、最年少で店長を任される
その後、大手エステテックサロン・エステティシャン
トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
ドクターリセラ株式会社へ入社
入社後10か月で、配属直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円に
その後直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成へ導く

働く女性・子育てをする女性・未来の子供たちの為に「もっと笑顔を増やしたい」
「人と地球が喜ぶ、世界でオンリーワンの会社にする」という企業理念から、ホンモノの情報を配信するWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

オススメ記事

曽利 一章の投稿一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ