梅雨到来!6月のジメジメ感を味方につけるスキンケア術☆ 

6月といえば毎年雨の多い梅雨の季節ですね。
『乾燥肌の人はしっとりする』という人もいれば
『メイクがよれる』という人もいれば
『ニキビができやすい』人もいます。

皆さんはどうやってこの季節を過ごしていますか?

日本の6月は湿度が高く蒸し暑く、ジットリとしてしまいがちな季節ですが
女性の憧れでもあるジューンブライドの季節
【より美しく見せたい時期でもあります。】

ただこの時期は、雨の影響で急に寒くなったり、夏に近づいてくる時期なので暑くなったりするので
心も身体もストレスがかかり気が滅入りやすい時期ですが

晴耕雨読(せいこう うどく)
晴れた日は畑を耕し、雨の日は家で本を読む、天気に抗わずありのままの暮らしをしよう。
という言葉にもあるように、雨の日は雨の日なりに楽しむことが
心にとっても、また体、お肌にとってもいいことです。

梅雨には梅雨の季節に合ったスキンケアが大事になってきますので
今回はその方法をお伝えいたします。

【内部乾燥 インナードライに要注意】
気を付けたいのはインナードライ肌
肌表面は皮脂でテカテカなのに、お肌の水分量が少なく、お肌の内側が乾いている状態のお肌。
なぜジメジメしているのにこうなるのかというと
・油紙で必要な皮脂を拭き取ったり
・洗浄力の高い洗顔でゴシゴシ洗ったり
する行為は、どちらも肌を守る皮脂膜機能が低下してしまいお肌の乾燥をヒドくするため
どんどん肌の内部の水分が蒸発してしまうのです。

結果、お肌の表面は皮脂がどんどん出て→油紙→乾燥→皮脂が多くでるを繰り返してしまい
中はぐったりの状態になってしまいます。

そこで、ジメジメと湿度の多いこの季節には
対処と原因対策が必要になってきます。

まずは対処、出過ぎた皮脂は洗い流しましょう。
ただし、必要以上の高い洗浄力の製品を使用せずに
お肌に優しいクレンジング、洗顔をしさっぱり、肌をリフレッシュさせます。

その後基礎化粧品をつけていくのですが
ここで粘性の高い化粧品をつけてしまうと保湿しすぎるとじっとりしてしまいます。

そこで私はまず季節に応じて化粧水をチェンジさせています。
普段しっとりタイプのドクターリセラ ウォーターヴェールを使用していますが
この季節はドクターリセラ ウォーターに切り替えさっぱり感を楽しんでいます。

美容液も普段のお気に入りの透輝の滴はしっとり感が高いので
ビタミンC系のVCセラムに切り替えてこちらもさっぱりし毛穴も引き締めるスキンケアにしています。

ここまでさわやかに仕上げてくるのですが、
6月は紫外線も強くなってくる時期です、雨でも曇りでも紫外線は降り注いでいます。
『ベタベタするから日焼け止めは嫌!』
という人もいますが、紫外線は老化の80%をしめています!!
油断せずにしっかりとUVケアもしていきましょう。

補足情報
ポイント:タオルは大丈夫ですか!?
洗濯物も乾きにくくなったりするので雑菌も繁殖しがちです。
せっかくキレイにしたお肌も雑菌のついたタオルで拭いたら台無しです。
梅雨の時期は乾燥機の熱や除菌スプレーなども上手く活用して清潔さを心がけたいですね。

季節に合わせたスキンケアで来る夏に備え
梅雨を味方につけた梅雨どき美人を目指していきましょう。

松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
シングルマザーとして2人の娘を育て、孫二人を溺愛中
40代働くグランマ

【経歴】
補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
海外での授賞式に参加後、最年少で店長を任される
その後、大手エステテックサロン・エステティシャン
トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
ドクターリセラ株式会社へ入社
入社後10か月で、配属直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円に
その後直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成へ導く

働く女性・子育て中のママ・子供たちの為の毎日を
【キレイ・健康・笑顔】をテーマに
ドクターリセラ(株)自社メディアWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ