竹から生まれた肌衣◇

竹から生まれた肌衣

美しい竹の繊維で出来た

肌衣
(はごろも)は、
今 私の洗顔に欠かせない
大切なアイテムになりました。
ピュアモイスチャーソープを付けて洗顔した後、
洗い流して肌を手でそっと触ると、
今まで感じたことのない
肌の滑らかさに、
驚いて、
もう肌衣のとりこです。
使い方が分からないと
ご質問頂くことも多いので。。
私の使い方をご紹介しますね。
【私はADSシリーズメンテナンスコースです。
    お肌状態や使用アイテムによって使用方法が
    違いますので、詳しくは
   ドクターリセラお取扱いサロンさまか、
   ドクターリセラダイヤルエステに
    お尋ねくださいね】

 

ここまでの心地よい

 

洗い上がりが実現するのには、
わけがあります。
{C4238C28-1E1A-4743-BF31-D8DA40AE3089}
{AAA55BEA-FF9B-4788-873A-204A9CE74A4F}

 

ドクターリセラの会報誌 Recella Beaute

世界で初めて
竹から繊維を作り出す事に成功した
心から竹と自然を愛する
ひとりの人のまっすぐな
想いがあったから。
ありがとう。。。
そんな物語は
ドクターリセラの会報誌
 Recella Beaute に。
{BC28B1A1-7712-4AEF-A0FD-DCB75F2B6013}

 

奥迫 協子

ビューティー
ライフクリエイター

奥迫 協子KYOKO OKUSAKO

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
58才、孫4人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるビューティーライフクリエイター、美容会社の取締役、イメージモデルとしても活動中。

 

 

 

奥迫 協子の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ