ご縁について

皆様、こんにちは!ドクターリセラをこよなく愛するフリーアナウンサーの魚住りえです。

 

お盆に帰省し、ご先祖様について家族でお話しされるかたも多いのではないでしょうか?

最近、自分のルーツを探る番組が増えている影響もあり、どんなご先祖様だったのかを知るのが密かなブームになっているそうです。

 

 

私の「魚住」の場合、父方の祖父は富山県に住んでいましたが、何故か代々のお墓は石川県の金沢にあり、そうすると北陸のあたりがルーツなのかなあと考えています。

 

かつ祖父は彫りがふかくて、はっきりとした顔立ちでしたので、そのあたりの要素も考えてみると、とても興味深い分野です。

一方、母方は関西のようですが、それとはまったく関係なく、何故か兵庫県の明石に「魚住駅」があるんです。

 

そして、現在、実家は広島県にあるという・・・

面白いですね~。

 

そう思うと、ルーツに関しては場所ではなく、ご先祖様から引き継いだDNAが大事なのかなと思います。

 

 

自分の好きな事、得意な事、苦手な事、なんとなくひらめいたアイデアや言動など、自分が考えたことなのだけど、どうしてこんなことを思いついたのか、何故こんなことにこだわるのかなど、なんだか不思議な気持ちになることがあります。

 

例えば、私はアナウンサーという職業以外に、「先生」と言う立場でも仕事をしています。

テレビの仕事だけでなく、もっと直接的に社会の役に立ちたい、話し方で悩んでいる人を直接助けたい、という気持ちが抑えられず、ボイス・スピーチレッスンを始めました。

 

先祖には、お坊さん、お医者さんがいるそうで、やはり対面で人を救いたいというDNAが流れているからも?!と感じています。

 

また、わたしは「袖振り合うも多生の縁」ということわざが好きです。

人との縁は偶然ではない。深い縁によって起こるものなので、どんな出会いも意味がある(良い出会いなら尚更大切にしないといけない)という教えですが、その通りだと思います。

 

 

もっと深く考えると、ご縁というのは生まれる前からで、もし生まれ変わって来世があるとしたら、再び、その人と縁が繋がるのでしょう。

 

脈々と受け継がれる、ご先祖様という「縦」の縁。

 

生まれ変わる度、繋がる他人との「横」の縁。

 

偶然ではないこの二つの縁を、味わい、大切にしながら毎日を過ごしていきたいと思います。

 

魚住 りえ

タレント
フリーアナウンサー

魚住 りえRIE UOZUMI

大阪府生まれ。広島県育ち。
母がピアニストという家庭で3歳からピアノの専門的なレッスンを受け、音感を養う。高校時代、放送部に在籍し、数多くのアナウンサーを輩出しているNHK杯全国高校放送コンテストに出場。朗読部門で約5,000人の中から全国3位に選ばれる。慶応義塾大学時代は放送研究会に所属。

1995年、慶応義塾大学文学部仏文科卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。報道、バラエティ、情報番組などジャンルを問わず幅広く担当、出演番組に「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都 心の旅へ」などを担当。

2004年フリーに転身し、テレビ、ラジオを問わず幅広く活躍中。中でも、2004年からナレーターを務めるテレビ東京「ソロモン流」では、わかりやすく、心に響く語り口に定評がある。 「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行う。経営者や弁護士といったビジネスパーソンを中心に口コミで広まり、多くの方が受講する人気レッスンに。

著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済新報社)が15万部を超えるベストセラーとなっている。
近著に「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」(東洋経済新報社)があり、シリーズ累計20万部を突破した。


本業のかたわら、ピアニストの姉・魚住恵とともに、「姉妹で奏でることばと音色~朗読とピアノ演奏による姉妹コンサート~」にも取り組む。

他に、「10歳若返る!話し方のレッスン」(講談社)

 

 

 

魚住 りえの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ