夏の養生について◇

 
こんにちは、漢方養生指導士「福田 貴之」です。

今回のテーマは「夏の養生について」です。

「夏は心の鍵をあまくするわ~ご用心♪」 By桜田淳子さん

そうなんです。

夏はこの暑さと湿気でついつい自分に甘くなりがちです。

「クーラー」「アイス」「生ビール」
どうにも止まらない~♪ 状態です(汗)

しかし夏のこの甘い誘惑をしっかり制限しながら生活することで、

秋をすぎ、冬になる時期には免疫力高い身体が作られます。

ではどのような養生をすることが大切なのか見ていきましょう。

日本の夏は「湿度」が高く暑さだけでなく湿気にもやられます。
身体でいうと、湿気に弱い胃腸に負担がかかりやすい時期ともいわれます。

どんな症状が出やすいかと言うと、食欲不振や膨満感・下痢や吐き気などが起こりやすくなります。

そんな状況を起こす要因として、夏の「暑さ」と「湿気」です。過酷な環境で私達が欲しがるものは

そう!「冷たい物」です。

冷たい食材や飲み物はその時の不快な気持ちはとても軽減してくれますが、

身体の中を冷やすため、その後マイナスにも働きます。

急激に体の中に入った冷たい食べ物や飲み物が体を冷やし胃や血流を悪くします。

胃が冷えると消化が悪くなり、もたれたり、気持ちが悪くなったりします。

血液は皆さんもご存じのように、栄養と酸素を運んでいます。

その血液の流れが悪くなるとすみずみまで栄養と酸素が行きわたらなくなり、

体調不良なども起こしやすくなります。

また、「湿邪」により身体の中に「水」が溜まりやすくなり

「浮腫み」などを引き起こします。あまり良いことはありません。

ではそんな時どのようにしたら良いでしょうか?

 

簡単にできる養生(心と体の健康の為の行動)は

・常温の水をこまめにとる
※常温の水を一気に取ることも胃腸に負担になりますので、

一気に飲むよりもこまめに補給することが望ましいといわれています。

喉が渇いているときは必要な水分補給なので、

我慢ではなくゆっくり飲むように心がけましょう。

・冷房の風に直接あたらないように気を付ける
※クーラーが悪いというよりも、直接冷たい風が当たることで体感も下がりますし

身体も冷えやすくなりますので、直接風が当たらないように注意しましょう。

暑い部屋で我慢して脱水症状や熱中症にならないように

上手にクーラーや扇風機を活用しましょう。

など意識してみましょう。

また女性は、自分でクーラーなどの温度調節ができないときもありますので

薄手の上着やストールなどを準備しておくと良いでしょう。

養生とは健康な身体と健康な心を作ることが目的です。

片方だけではバランスが崩れて、体調不良を起こしやすくなりますので、

誘惑に負けそうな時期ではありますが、節制していきましょう。

ただし!我慢は禁物です。

暑くて汗が水たまりになるような暑い時にクーラーを入れたり、

たまには冷たいビールを気が済むまで飲んだりすることは大切です。

毎日のビールを2日1本にしたり、クーラーもあまり低すぎないよう温度調整をしながら

過ごしやすい環境を作ってくださいね。

 

漢方養生スタイリスト福田 貴之でした。

福田 貴之

ナレッジ推進室

福田 貴之TAKAYUKI FUKUDA

幼いころから親が共働きで祖父母に育ててもらうなか、親の寡黙に働く背中をみて『自分も家族の役に立ちたい!』と料理に目覚め、高校卒業後調理師・パテシェとして勤務した後にホテルのフロント、レストラン業務を経て30歳でドクターリセラ株式会社へ入社。

化粧品を通して「美と健康と地球環境を守る」為にエグゼグティブアドバイザーとしてエステテックサロンの先生と共に日々お客様を綺麗にする為に奮闘しています。

【ドクターリセラ株式会社】
・遺伝子ダイエットサプリ サポート室
・お客様肌相談室長
・通販テレフォンサポーター責任者
・ドクターリセラ美容クリニック管理
・美容エグゼクティブアドバイザー
全日本全身美容業協同組合認定講師

調理師免許取得
基本心理カウンセラー取得
全米ヨガアライアンスRYT200取得
漢方養生スタイリスト(現在もスキルアップの為勉強中)
ボディーケアセラピスト取得
頭蓋骨調整資格取得など

 

 

 

福田 貴之の記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ