一気に垢抜ける!あなたの骨格に合う美眉3つのポイント。

お顔のパーツの中で、印象が変わりやすいのが眉毛ですよね。

 

眉毛の形は、これまで流行とともに変化してきました。

・80年代のバブル時期は極太眉が流行り、

・90年代は細眉が流行り、

・2000年代からは太眉、ナチュ眉ブームが続いています。

困り眉が流行った時期もありましたね。

 

けど、『自分に似合う眉毛』って知っていますか?

自分の顔に一番似合う眉毛の形がわからない…という方も

意外と多いのではないでしょうか。

眉毛のコスメにもペンシルタイプ、リキッドタイプなど

様々なものがあり、何を使えばよいかも迷ってしまいますよね。

 

 

本日は、あなたの骨格にあった眉毛の描き方をご紹介します!

まずは、眉毛の描き方の基本から。

 

以下の3つのポイントをしっかりおさえて、美眉を手に入れましょう。

 

①眉頭

小鼻の端の延長線上につくりましょう。

小鼻とは、顔を正面から見て、鼻の一番端にくる部分です。

小鼻にブラシなどをまっすぐ当てて、眉頭の位置をとると分かりやすいですね。

 

②眉尻

小鼻と目尻を直線で結んだ延長線上にポイントを作り、眉の終わりを決めましょう。

眉は長くても短くても不自然になってしまいます。

これも、ブラシなどを当てて位置をとります。

 

③眉山

眉のカーブを描くときの大事なポイントです。

顔を正面から見て、瞳の外側の延長線上にポイントを作ります。

眉毛の真ん中より少し外側にくると思います。

この3つの基本を押さえて、輪郭を描いていきます。

描く順番は、

①眉山から眉尻

②眉山から眉頭

の順に描いていきます。

眉が短い人はアイブロウペンシルで描き足していきましょう。

輪郭を描いて後は、パウダーで埋めていきます。

スクリューブラシで毛流れを整え、眉を完成させましょう。

 

そして気になる

【2019トレンド眉!】

今年のトレンドは、

〈太めが流行中〉

 

平行眉も流行っていますが、

30代以降の女性は

コリアンメイクのような並行眉より

アーチっぽいナチュラル太眉が似合うと思います。

 

太眉を描くときは、基本と同じように、

先に眉山と眉尻をペンシルで位置取りをして、

隙間を埋めるようにパウダーで色をつけます。

基本の眉毛よりも少し太めを意識して描いてください。

眉頭はペンシルではなくパウダーで整えるようにしましょう。

自然な仕上がりにすることができます。

自然なグラデーションになるように意識して。

 

よりナチュラルな眉毛にしたいときは、

一番最後に全体をパウダーでぼかしましょう。

あまりぼかしすぎるとどんどん太くなっていくので、ほどほどに。

髪を染めている人は眉マスカラを利用して色を合わせてください。

基本眉は基本眉でスタンダードで素敵ですが、

さりげなく流行眉を取り入れることで
垢ぬけメイクを目指しましょう!

松本 しのぶ

マーケティング部

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

ドクターリセラ(株)マーケティング部
リセラテラス統括

10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て現在は孫3人を溺愛中の40代働くグランマ。

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
・最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャーとして勤務
・2013年ドクターリセラ株式会社入社
・入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

2017年:ドクターリセラ(株)自社メディア・リセラテラス立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ