秋の不調、『冷え』のせいかも?冷え性チェックと毎日のかんたん習慣。

入道雲がうろこ雲に変わり、

すっかり秋らしくなってきましたね。

 

夏の季節は、冷房や冷たいものによる冷えを気をつける季節でしたが、

秋は、寒暖差や気圧の変化が激しいので、油断して冷えてしまう季節。

 

昼間はまだ暑いけど、夜になると肌寒い。。。

こんなときに羽織るものがないと、体が冷えてしまいます。

秋の冷えチェックをしてみましょう。

次の6箇所を手のひらで触ってみて、

どこか一つでも「手のひらが暖かくて気持ちいい」と感じたら、冷えているサインです。

1、首の後ろ

2、二の腕

3、膝の裏

4、足首

5、おなか

6、腰

 

いかがでしたか?

上記1〜3のようなところから熱が失われやすく、

手足や足先などの末端から冷えていきます。

 

冷えが全身に及ぶと、おなかや腰などの中心部まで冷たくなります。

対策としては、

・出かけるときはストールを巻いたり、

・カーディガンを持参して服装の調節

です。

 

昼間は汗をかくほど暑くても、夕方以降は二の腕や首が冷え冷えになるほど

気温が下がったりします。

 

ストールやカーディガンはコンパクトに畳んで

かばんに入れておけるので、

夕方以降も外出の予定がある方は

かばんに入れていつでも取り出せるようにしておきましょう。

 

寝るときは、パジャマは首元の開いたデザインは避け、

上着の丈が長いものを選びましょう。

ファッション的には可愛くないかもしれませんが、

パジャマのズボンに上着をインすると

おなかや腰も冷えにくくなります。

 

お風呂上がりは熱を逃さないように靴下を履くのもアリですが、

寝るときは脱ぎましょう。

靴下を履いて寝るとリラックスできないだけでなく、

足からかく汗で朝になるとかえって冷えてしまうことになります。

 

また、首周りは自律神経の働きに関わる重要な部位。

頭皮が硬くなると頭皮ごと前に引っ張られて首の横が

圧迫されてしまうので、定期的に首や頭皮をマッサージしましょう。

 

シャンプーをするときに、頭皮に爪を立てないように、

指の腹でくるくると頭皮をマッサージします。

毎日のシャンプーのときに出来るのでオススメです。

夏の冷えから秋の冷え、対策も変わりますので

身体の不調の原因である冷え対策をして

秋を快適に過ごしましょう!

松本 しのぶ

マーケティング部

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

ドクターリセラ(株)マーケティング部
リセラテラス統括

10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て現在は孫3人を溺愛中の40代働くグランマ。

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
・最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャーとして勤務
・2013年ドクターリセラ株式会社入社
・入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

2017年:ドクターリセラ(株)自社メディア・リセラテラス立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ