テニスをしていて思うこと。

皆様、こんにちは!

ドクターリセラをこよなく愛するフリーアナウンサーの魚住りえです。

涼しい風に、澄み切った青空。

スポーツするには最高の季節ですね。

私はここ2年ほどテニスにはまっています。

小学生のころ硬式テニスを習っていて、

初めてやるスポーツよりは劣等感を感じずに続けられるかも、と思ったからです。

何より、道具であるラケットが進化して扱いやすくなっていて、

私が子供の頃よりボールが楽に飛び、思った以上に疲れずに楽しくプレイできています。

昔のテニスのフォームは、「下から上にスピンをかけて」と習ったのですが、

現在は「右から左に身体を回転させて」に変わっていて、とても驚きました。

グリップの握り方も全く違っていて、何事も過去の考えや価値観にとらわれていてはいけないなあ。。。と感じています。

テニスウェアも可愛いものからクールなものまで多種揃っており、

大坂なおみさんが試合に出る度、ウェアにも注目しています。

ところで、テニスはラリーといって、お互いボールを打ち合って練習することが多いのですが、

ラリーはプレイヤーの性格がそっくりそのまま出るので、とても面白いです。

お互いボールを打ち合いながら、その人とまるで会話をしているような気持ちになってくるのです。

勝気な人は、すぐに強く速いボールを打って、相手をねじ伏せようとします。

優しい人は、相手がうちやすいところに返し、ゆっくり丁寧に、なるべく続けるように打ってくれます。

途切れず打てるように、あらかじめポケットに予備のボールをたくさん入れる人もいれば、

その場その場で、近くにあるボールを拾って打つ人もいます。

スクールや同好会では色んな人とラリーしますが、

休憩時間などでお話しすると、その人の好むコミュニケーションとラリーの特徴が似ていて、大変興味深いです。

練習は屋外が多いので、1年を通して紫外線が気になりますが、

ドクターリセラさまのお陰で、シミやそばかすなどに悩まされることが全くありません。

テニス仲間にもおススメしていますが、私の肌を見て、実際に使い始めた方もいます。

百聞は一見に如かず・・・

私にはドクターリセラがある!ので安心です。

これからも紫外線を気にせず、たくさん屋外でのテニスを楽しみたいと思います。

魚住 りえ

タレント
フリーアナウンサー

魚住 りえRIE UOZUMI

大阪府生まれ。広島県育ち。
母がピアニストという家庭で3歳からピアノの専門的なレッスンを受け、音感を養う。高校時代、放送部に在籍し、数多くのアナウンサーを輩出しているNHK杯全国高校放送コンテストに出場。朗読部門で約5,000人の中から全国3位に選ばれる。慶応義塾大学時代は放送研究会に所属。

1995年、慶応義塾大学文学部仏文科卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。報道、バラエティ、情報番組などジャンルを問わず幅広く担当、出演番組に「所さんの目がテン!」「ジパングあさ6」「京都 心の旅へ」などを担当。

2004年フリーに転身し、テレビ、ラジオを問わず幅広く活躍中。中でも、2004年からナレーターを務めるテレビ東京「ソロモン流」では、わかりやすく、心に響く語り口に定評がある。 「魚住式スピーチメソッド」を立ち上げ、話し方を磨くための指導を行う。経営者や弁護士といったビジネスパーソンを中心に口コミで広まり、多くの方が受講する人気レッスンに。

著書「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」(東洋経済新報社)が15万部を超えるベストセラーとなっている。
近著に「たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書」(東洋経済新報社)があり、シリーズ累計20万部を突破した。


本業のかたわら、ピアニストの姉・魚住恵とともに、「姉妹で奏でることばと音色~朗読とピアノ演奏による姉妹コンサート~」にも取り組む。

他に、「10歳若返る!話し方のレッスン」(講談社)

 

 

 

魚住 りえの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ