家にある身近なものが入浴剤に!癒しの時間を作る4つをご紹介。◇

10月も半ばを過ぎ、帰宅時に少し肌寒く感じ

ゆっくりと入浴したい季節になりましたね。

 

夏はついついシャワーで済ませがちです。

でも、秋冬をシャワーで済ませるのは少しツラいですよね。

特に、冷え性の方には入浴が最適です。

 

 

そこで今日は入浴がもっと愉しくなる、

自宅にあるもので簡単にできる入浴剤についてのご紹介です。

普段、入浴剤を入れる習慣がない方も

簡単に出来る方法をご紹介いたします。

 

毎日の生活が忙しい人も、かんたんな入浴剤で

ぜひリラックスする時間を作ってみてくださいね。

 

🔹粗塩

塩には血行を良くして体を温める効果が期待できます。

精製塩よりも粗塩の方がミネラルたっぷりでおすすめです。

量の目安は、スプーン2.3杯くらいです。

あまり入れすぎると刺激になり、肌荒れの原因となってしまうので気をつけてください。

 

🔹牛乳

乾燥肌の人にオススメな牛乳を入れたミルク風呂。

コップ1杯くらいの牛乳をお湯に入れて入浴しましょう。

牛乳にはピーリング効果のある成分が含まれており、

毛穴の汚れを綺麗にして、肌を柔らかくする効果があると

言われています。

お風呂に入りながら、ヒザなど角質が気になる部分を

マッサージしても良いですね。

牛乳の脂肪分で湯冷めしにくいので、冷え性の方にもオススメです。

 

🔹蜂蜜

はちみつは古来から薬としても使われていたスーパーフードです。

食べるのはもちろんですが、お肌にも良いのでぜひ入れてみて。

スプーン3杯ほどを入れて入浴しましょう。

お風呂上がりのお肌がしっとりしますよ。

 

🔹ゆず

ゆずは冬至の定番ですね!

香りがとてもいいのでアロマ効果や

ビタミンCによる美肌効果、

血行促進により冷え性や腰痛の改善などの

様々な効果が期待できます。

 

リラックスしたいときに使ってみましょう。

ただ、お肌が弱い人には刺激になって赤みが出ることがあるので、

少なめから試してください。

 

掃除が大変なので、ご自宅ではやりにくい…という方には

ストッキングタイプの排水溝ネットを使用してみてください。

そのまま捨てるだけでいいので便利ですよ。

 

今回は入浴剤として使える食材についてのお話でした。

いろんな食材が入浴剤として使えるので、ぜひ試してみてくださいね。

松本 しのぶ

リセラテラス・プロデューサー

松本 しのぶSHINOBU MATSUMOTO

リセラテラス・プロデューサー
シングルマザーとして2人の娘を育て、孫二人を溺愛中
40代働くグランマ

【経歴】
補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
海外での授賞式に参加後、最年少で店長を任される
その後、大手エステテックサロン・エステティシャン
トータルビューティーサロンでマネージャー経験後
ドクターリセラ株式会社へ入社
入社後10か月で、配属直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円に
その後直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成へ導く

働く女性・子育て中のママ・子供たちの為の毎日を
【キレイ・健康・笑顔】をテーマに
ドクターリセラ(株)自社メディアWEBサイト・リセラテラスを2017年立ち上げる。

 

 

 

松本 しのぶの記事一覧

カテゴリー別

奥迫協子ブログ